--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.24

生きろ、そなたは美しいニャン。

アルバイトを始めて早くも半年以上が過ぎました。
その間にいろいろあり、
ある程度忙しくなったというのもありますが、
月日というのはあっという間に経つものですね。


初々しさアーンド元気さだけが取り柄です!な私ですが、
お店での私の立ち位置はというと、
童顔な店長からは基本避けられ常にさん付け&ガチ敬語
先輩スタッフさんたち、年下スタッフさんはもちろん、
年配スタッフさんにすら「ネエさん」或いは「アネさん」と呼ばれ、
力仕事とあらば真っ先に駆り出され、
マニアックなモノしか置いてない鬱蒼とした売り場の隅っこにいっつも追いやら求めていたのはこんなポジションじゃねえ!!!

ゴリラみたいな先輩スタッフさん曰く、
「アネさんが君臨してからもう半年も過ぎましたか…」
君臨て言うな!君臨て言うな!!!

若さをウリにしてる先輩スタッフ、
トモさん(23歳・小便臭いメス豚)に至っては、
未だにカタログの漢字をわざと読み間違えて
みんなから「こいつゥ(笑)」などと小突かれてましたからね、
私ももちろん「トモさんったら(笑)」と微笑みながら
助走つけて飛び蹴りしようとしたら社員さんに引っ張ってかれました。コレ差別ですよね差別。


自分の存在位置に若干の不信感を抱きつつも、
日々真面目にお仕事に取り組んでいるのですが、
つい先日、私よりも後に、
とうとう新人さんが入ってきてしまいました…。
ようやく築き上げた新人ポジション、危うし。

期待のニューフェイスは26歳の好青年、ケンくん
黒縁メガネと黒のイホン(i-phone)をオサレに装備する、
イマドキのイケメンです。
私と5歳も違わないながらも、
「サマソニ」「合コン」「ガジェット」などなど
彼の使う言語には馴染みの無い単語が多過ぎて、
同じ昭和生まれとは思えません。


さてニューフェイス、
まずはディスプレイされている巻貝を手にとって一言。

ケン「アッチイーーーー!!!

私「え?」

ケン「熱いっス!この貝マジ熱いっス!
   めっちゃ熱くないスか!?いやめっちゃ熱いっスよ!!
   ヤバイっスよ!これマジキてるっスよ!」


アサリやハマグリには特に感じるものは無いそうです。
でもサザエは「アンテナ1本くらいっスね!」とのことなので、
要は巻いてりゃ良いんだと思います。


お次はというとニューフェイス、
入社して最初にするのはまずお買い物。

ケン「やっぱTシャツっスよね!
   まずTシャツ無いと始まらないっスよね!
   このTシャツ、カッコ良くないっスか!?これどうスか!?」


私「いいんじゃない。
  あ、でもこっちの色の方が似合うんじゃないかな?」

と、若者らしい爽やかなブルーを薦めてみたんですが、

ケン「いや、オレ、Tシャツは黒しか買わねえって決めてるんスよ!
   オトコは黒しか着ないんスよ!!


そう叫びながら彼は黒いTシャツを買って帰りましたが、
この日彼が着ていたTシャツは普通に白でした。


そしてニューフェイスと一緒に向かう、
終業後のロッカールームにて。

ケン「アネサンて結構バイトして長いんスよね!?
   なんか働く上でのポリシーとかあるんスか!?」


私「ポ、ポリシー…?
  えーと、そんなに真面目に考えたことなかったな…」

ケン「なぁーんだ、アネサン、なーんも考えてないんスか…」

私「えっ、あー、いや、考えてないわけじゃなくて、そうだな…、
  『お客様の立場で、本当に必要な物だけを提案する』…
  …言葉にするとこんな感じかな…?」

ケン「いや、オレが言ってんのはそういうんじゃないんス!
   自分にとっての!つーか、自分にとっての!みたいな!」


私「(だめだ全く意味わかんねえ)
  じゃあケンくんのポリシーを教えてよ」

ケン「オレスか!オレのポリシーはッ!
   『絶対店のトイレでウンコしない』ってマジ!決めてるんス!」



店の将来と彼の将来と日本の将来が軽く不安になった、
ある日のお仕事の風景でございました。


今日はそんなお仕事中に起こったアニマルハプニングについて、
一つお話しましょうか。

どうもツメの甘い子に育つのは、我が家の伝統
↑若者はいつもツメが甘いもの。それが若さといふものか。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

2011.02.08

魔法の力を信じるかい?

信じません。


呪われた血筋とか秘められた闇の力とかエターナルフォースブリザードとか、
いわゆる中二な設定は大好物なんですけれども、
もっと真面目で純粋なる不思議な力、
神サマ仏サマはもちろん占いからパワーストーンの類まで、
私は全く信じません

なので占いには滅法弱い、
乙女な先輩くぬぎさんとは話が合わないことがよくあります。

私「くぬぎさん、彼氏サンできたんですよね!今度紹介してくださいよ♪」

くぬぎ「ダメ。あたし、今大殺界だから。早く別れなきゃ」

そして細木先生の導きのままにこの御方、
クリスマスの一週間前に一往復のメールで彼氏さん振りよりました。
全部あのびっくりデブダヌキ(数子)が悪い!!


で、そんなものは露ともアテにしない不信心極まりない私が、
ある日突然に身についた超自然的パゥワ(=パワー)、
いったいどう解釈したらよろしいものか、戸惑う反面、
そういうものかもしれないと受け入れ始めているのもまた事実なのでございます。



実家のネコというかネコマタというか、
ネコの妖怪といえばネコ娘が有名ですけど

ネコ娘…?
↑えっいつの間にネコちゃんこんなことになってたん…!?

ネコ娘よりもう少し妖怪じみてるというか、
半分以上神の領域に踏み込んでいた我が家の老ネコ・キティ(17)の調子が、
ここんとこずっと悪かったんですよ。

元から体の弱い子だし年も年だしということで覚悟はしていたんですが、
いざやっぱり調子が悪くなると、
通院自体がストレスになるだろうことはわかっていても、
慌てふためいて病院に直行し、そのたびに投薬やら点滴やら。
ここ半年程はそんな感じでした。

この間、年の瀬に、西の魔女こと私の祖母の四十九日があったんです。
四十九日ってアレですね、私正直よく知らなかったんですけど、
亡くなった人というのはコレを区切りに仏様という存在に転生するのだそうで。
ポクポク&ナミアミ聞き流しながら、
魔女がクラスチェンジで仏になるとかクッ…すごいパワーだ…!
とかぼんやり妄想していました。

で、無事に法事も終わり精進落としという名の大宴会もお開きになり、
その晩。


キティは虹の橋を渡りました。
虹の橋ってなんの事かしらというアナタはここを読むと良いんじゃないかな!



いつもは母の部屋にあるキティ専用ケージの中で日がな一日を過ごすキティですが、
この晩は、キティと一番仲の良かったというか、
キティが姉代わりだったような末妹エミュ(人間)の枕元で一人と一匹一緒に眠り、
キティはそのまま静かに逝きました。


哀しいかと言われれば、それはもう。

しかしですね、拾ってきた直後に大病して、
獣医さんにも「永くは無い」と死の宣告受けてからの17年、
半分は私たち人間のワガママだったかもしれない通院にも耐えて、17年。
彼女はよく頑張ってくれました。

ありがとう。

感謝と称賛がまず浮かびます。寂しいけれども。


そして私はこうも思います。


仏サマになったという西魔女が、
三途の川の岸辺で渡り方がわからず、
一歩進んでは溺れかけて慌てて戻り、
水の冷たさ流れの激しさにオロオロしている老猫キティを見つけ、
そっとその腕に彼女を抱き上げて、
一緒に虹の橋を渡ってくれたのではないだろうかと。

キティは浮世のエミュから常世の魔女へと静かに受け渡されて、
今はきっと2年前に逝ったごっつい妹分・ミルキーと一緒に、
やっぱり日がな日向ぼっことしけこんでいることでしょう。



四十九日に逝ったなんてこと、間違いなく単なる偶然で、
そこには神も仏も魔法の力も一切関与していないことは重々承知の上ですが、
だけどこう考えると少し優しい気持ちになれるのも、確かです。

こう考えてから目をつぶると、
祖母の腕に抱かれてこちらを伺う緑の瞳と大きな耳が、
はっきり見えるような気がするのも、また確かです。

うたた寝ピンボケ
↑ネコマタのうたた寝

涙を拭いてから落ち着いてもう一度考えてみると、
西の魔女が貴様も道連れじゃとばかりにキティ連れてっちゃった説も十分に考えられるのですが、そこはスルーの方向で!

続きを読む »

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

2010.09.25

迷い猫余裕のラン

当ブログにおいて、
長いことお騒がせしておりましたネコくんの里親探しですが、
無事に棲家が決まりましたので、
本日をもちまして里親探しのお願いを取り下げさせていただきます。

里親さんを探していただいた方、
飼えるかどうか検討してくださった方、
皆様本当に、本当にありがとうございました。

結局ネコくんの終の棲家は、私の実家となりました。
遠方含めて広く募集はいたしましたが、
実家ならば助けていただいた獣医さんに通える距離でもありますし、
彼に必要なケージや専用のネコ部屋を用意できるということもあります。
でもまあ正直そのへんはただの方便で、
実のところはマイファミリーが今更彼を手放せなくなったことが一番の要因です。


マミー「うちは正直引き取る気は無かったんだけど、ホラ、この子がサ、
    どうしてもうちに居たいニャンって言うもんだから…
    そこまで言うなら…と思ってねぇ、仕方ないじゃない?
    ホラ見てここ、この角度が一番カワイイのよちょっと」
   ←メロメロ

オカンもメロメロ

ネコくんドンビキ

うーんどうかなー?
すげー腕から抜けたがってないかなー???

たくさんの方にご迷惑とご心配をかけました。
そしてネコくんは無事に命を繋ぐことができました。
(もちろんまだまだ治療・観察は続けます。
彼の現状についても後述いたします)

しつこいようですが、何度でも言わせてください。
いろんな手段で彼と、私たちを助けていただいた方、
本当にありがとうございました。


私は策無くただ拾っただけで、一人ではどうしようもなかったこともありました。
たくさんの助言と援助に救われたことを忘れません。
本当にありがとうございます。

彼のリハビリと成長はまだまだこれからです。
またお暇な折にでも、これからも彼を見守ってあげてください。
どうかよろしくお願いいたします。







というわけでネコくん、晴れて私の実家の一員となったわけです。
ならばいつまでも『ネコくん』だなんて名無しの権兵衛扱いするわけにはいきません!
さあいざ!命名の儀を執り行いたいと存じます!!!
とりあえず挙がった候補は以下のようになりました。
皆様はどれが良いと思います?

ニャンキチ (ネコなので)
ニャンスケ (ネコなので)
ニャンタ  (ネコなので)
ガリガリくん(ガリガリくんを買いに行った帰りに保護したので)
アイスマン (同上)
滝沢    (かっこいいオスネコなので思いついたジャニタレで)
タケシ   (我が家初のオスネコに父は自分と同名が良いと主張)

私「この中だったらガリガリくんだよね?」

末妹エミュ「おねえちゃんのセンス最っ低。
      ほらシマネコでライオンぽいからさ、『レオリー』でどう!?
      どうこれ!カッコいくない!?」


義兄きうい「エミュちゃんライオンに縞模様は無いよ」

さあ、ネコくんにはどんな名前が付けられてしまうのでしょうか…。

一難去ってまた一難 良い名前が欲しいです…
ネコ「アイスマンはねぇだろ」

続きを読む »

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

2010.09.16

借りぐらしのネコエッティ

里親探し中のネコくんの現況報告です。
まずはお礼を。
今までにたくさんの御助言、御支援をいただきました。
本当にありがとうございます。

最初の記事を公開するまでは、保護した私も
今後の厳しいだろう現実にショックを受けていたんですが、
ネコくんが回復してくるにあたって
正直何とでもなるような気がしてきました。根が単純でございます。
それもひとえに皆さんの御声援のおかげです。

里親さんこそまだ見つかってはおりませんが、
ネコくんは順調に回復して
先日一週間の入院生活を終えて無事退院いたしました。
里親さんが見つかるまでの家も確保し、
今はそこでじっくりリハビリしながらも里親さんを探している状態です。

実際に崖下のネコくんを保護したのは私たち夫婦と愚弟&友人ですが、
彼が助かったのはたくさんの方々のお力によるものです。

里親探しに関して様々な御助言をしていただいた方、
ネコ用品や治療費の寄付を申し出てくださった方、
落ち込みがちになっていた私を励ましてくださった方、
採算度外視で治療に専念してくださった獣医さん、
皆様には感謝してもしきれません。

ネコくんに代わりまして、心からお礼を言わせてください。
本当にありがとうございます。

この子の里親さんは引き続き募集しております。

永住先が無事に決まりました。
ご協力ありがとうございました!


あっ近いよ近いちょっと離れてね

性別:オス

猫エイズ:陰性
白血病ウイルス感染:陰性
駆虫:施術済み


ワクチン・去勢手術はまだ行っておりません。

現在の状態:
手足(特に右の前足)がやや不自由なネコです。
階段や玄関等の段差があるところには行かせない工夫をお願いいたします。
落下すると体が支えられずに怪我をする可能性があります。
ネコから目を離す際には、広めのケージに入れておいてあげてください。

よろめきはしますが、普通の歩行には問題がありません。
時間が経てば完治に近い状態になるだろうというのが獣医さんの診断です。

食事も排泄も自分でできます。
ただ今トイレトレーニング中です。

ご質問等ございましたらお気軽にコメントやメールでお知らせください。
保護直後の記事はこちらです。

どうぞよろしくお願いいたします。


以下、駄文です。いつも駄文ですけどそういうこと言わない!

ネコくんは今、優しい看護婦さん&先生が24時間ナデナデしてくれる
とっても居心地の良い病院を退院し、借りぐらしハウスへと移送されました。
そのハウスとは、

エミュとネコくん
↑末妹エミュに抱かれてハッピー面

ぺんぐり家・実家でございます。

現在は性格の悪いゴロツキネコネコマタが棲んではおりますが、
最大でネコ四匹&ヒト五人が一つ屋根の下暮らしていたわけですから
今更コネコ一匹増えたところで手狭になろうはずもありません。
と言うか私が嫁いで一週間後には残っていた私物が全部捨てられて
自室があっという間にネコ部屋になっていた
ことを考えると、
この家は昔からヒトには厳しくネコには優しい、
ちょっと私には辛めの設定となっています。
(サブロウが帰ってきてもまだまだ家は広いから余裕だぞ!
 だから無事に帰っておいで!)

このネコくん、足が不自由な代わりに大変見事な声量をお持ちでして、
そこらへんのオンドリ程度には引けを取りません。
ご希望の缶詰が出てこない時などには
朗々とご自慢のボーイソプラノを披露してくれます。病院ではお静かにね。

私「…というわけなんだけど、ご近所さんに嫌がられたりしないだろうか」

母「全然問題ない。キティ(16歳のネコマタ)ね、
  あの子最近モウロクしてゴアアゴアアアしょっちゅう鳴いててね、
  『あら赤ちゃんの声?ぺんぐりちゃんがお孫さん連れて里帰りしてるのね』って
  ご近所さんに言われてるくらいだから、
  コネコの声なんて全然大丈夫。
  
  というわけでアンタ、産んだことになってるからよろしく


えっ、訂正してないの???



というわけで、本日は追記に雑記をば。いつも雑記ですけどそういうこと言わない!
つい先日、明らかにヒトに(と言うか私に)ドSなスイートホームに
ネコくんを連れて久々に里帰りをしてきました。
何かの縁で助かったこの子の経過を振り返ってみたり、
私が最初に飼っていたペットのことをセンチメンタルに思い出してみたり。

今日はそういうハートフルなお話です。

続きを読む »

テーマ : 里親募集 - ジャンル : ペット

2010.09.05

ネコ(♂・2ヶ月・雑種) 里親募集のお願い

ご覧いただいてありがとうございます。
また、コメントや拍手などでの温かいお言葉、
本当にありがとうございます。

現在も里親は募集中です。


記事中のネコくん、永住先が決まりました!
ご協力ありがとうございました。

こちらの記事は保護直後(9/4)から退院(9/12)までの状況です。
最新の状況に関しては、こちらをご覧ください。



  


!!!お願い!!!

恐れいりますが、今日は皆様にお願いがございます。
ネコの里親募集のお願いです。

診察台にて

性別:オス
年齢:おそらく二ヶ月程度
模様:キジトラ


体に障害の残る可能性がある子です。

ただ、それでも元気よくナアナアと鳴きます。
病院で経過を観察中ですが、拾ってから二日経った時点で
立ち上がれはしないものの這いまわったり、
超千鳥足ですが何とか進むことができるところまでは回復しました。

排泄に関しては、現在は問題ありません。
トイレも覚えて自分で行くようになりそうです。
ですが高い段差を乗り越えることはできないので、
低めのトイレかスロープ等で補助をしてあげてください。

まだ現時点ではどうなるかはっきりとはわかりませんが、
時間はかかるけれども
室内飼いならば問題ないところまでは回復するだろうというのが
獣医さんの診断です。

もちろん全快する可能性も多分にありますが、
たとえ障害が残ってしまっても、
最期まで責任をもって飼ってくださる方を探しています。

去勢手術、ワクチン接種、エイズ検査についてはまだ行っておりません。
去勢手術に関しては、体格が小さいのでまだ行っておりません。
ワクチン・エイズ検査に関しては、
ネコの体力が回復してから、お渡しする前に必ず行います。


どうかよろしくお願いいたします。


拾った際の状況と、引き渡しの方法については追記をご覧ください。



≪9月9日 追加情報です≫

入院して五日が経ちましたが、
獣医さんの予想よりもだいぶ早いペースで回復しています。

這って進むような感じですが、行きたい方向へは自分で進行できるようになりました。
危ぶまれていた排泄も、全く問題ありません。
トイレを置く場所と、段差にだけ注意してもらえれば自分でできます。

食事に関しては、保護した際には一切飲まず食わずで心配していましたが、
看護婦さんにはこんなことを言われました。

ナース「ふやかしたカリカリ、食べないんですよ…」

私は明らかに五日前より体重の増えたネコくんを膝に抱いて、
健康そうに大きくなったお腹を撫でながら、聞き返しました。

私「…この子、食事してないんですか?」

ナース「缶詰の味を覚えちゃったみたいで…。
    カリカリ出しても大声で鳴くばかりなんです…」


それはコイツのただのわがままですよね。


順調に回復しつつある、こんなワガママ茶目っ気ある愛くるしいネコくんです。
ご質問等もお気軽にどうぞ。

愛のある里親さんをお待ちしています。

続きを読む »

テーマ : 里親募集 - ジャンル : ペット

 | HOME |  »

お知らせ
明日、9月23日(日)の上賀茂手づくり市に出店いたします。ブース番号は141番です。お待ちしております!
書いてるひと
三十路…。

ぺんぐり

Author:ぺんぐり
遊ぶことが好きです。
食べることが好きです。
ペンギン命です。

最新記事
里親さん募集してます
最新コメント
ブログの中身
月別アーカイブ
いらはいませ。
リンク
おたよりください
メールアドレスは
penguri☆hotmail.co.jp
です。
(☆を@に変えてください)
メールフォームもご利用いただけます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。