--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.08

魔法の力を信じるかい?

信じません。


呪われた血筋とか秘められた闇の力とかエターナルフォースブリザードとか、
いわゆる中二な設定は大好物なんですけれども、
もっと真面目で純粋なる不思議な力、
神サマ仏サマはもちろん占いからパワーストーンの類まで、
私は全く信じません

なので占いには滅法弱い、
乙女な先輩くぬぎさんとは話が合わないことがよくあります。

私「くぬぎさん、彼氏サンできたんですよね!今度紹介してくださいよ♪」

くぬぎ「ダメ。あたし、今大殺界だから。早く別れなきゃ」

そして細木先生の導きのままにこの御方、
クリスマスの一週間前に一往復のメールで彼氏さん振りよりました。
全部あのびっくりデブダヌキ(数子)が悪い!!


で、そんなものは露ともアテにしない不信心極まりない私が、
ある日突然に身についた超自然的パゥワ(=パワー)、
いったいどう解釈したらよろしいものか、戸惑う反面、
そういうものかもしれないと受け入れ始めているのもまた事実なのでございます。



実家のネコというかネコマタというか、
ネコの妖怪といえばネコ娘が有名ですけど

ネコ娘…?
↑えっいつの間にネコちゃんこんなことになってたん…!?

ネコ娘よりもう少し妖怪じみてるというか、
半分以上神の領域に踏み込んでいた我が家の老ネコ・キティ(17)の調子が、
ここんとこずっと悪かったんですよ。

元から体の弱い子だし年も年だしということで覚悟はしていたんですが、
いざやっぱり調子が悪くなると、
通院自体がストレスになるだろうことはわかっていても、
慌てふためいて病院に直行し、そのたびに投薬やら点滴やら。
ここ半年程はそんな感じでした。

この間、年の瀬に、西の魔女こと私の祖母の四十九日があったんです。
四十九日ってアレですね、私正直よく知らなかったんですけど、
亡くなった人というのはコレを区切りに仏様という存在に転生するのだそうで。
ポクポク&ナミアミ聞き流しながら、
魔女がクラスチェンジで仏になるとかクッ…すごいパワーだ…!
とかぼんやり妄想していました。

で、無事に法事も終わり精進落としという名の大宴会もお開きになり、
その晩。


キティは虹の橋を渡りました。
虹の橋ってなんの事かしらというアナタはここを読むと良いんじゃないかな!



いつもは母の部屋にあるキティ専用ケージの中で日がな一日を過ごすキティですが、
この晩は、キティと一番仲の良かったというか、
キティが姉代わりだったような末妹エミュ(人間)の枕元で一人と一匹一緒に眠り、
キティはそのまま静かに逝きました。


哀しいかと言われれば、それはもう。

しかしですね、拾ってきた直後に大病して、
獣医さんにも「永くは無い」と死の宣告受けてからの17年、
半分は私たち人間のワガママだったかもしれない通院にも耐えて、17年。
彼女はよく頑張ってくれました。

ありがとう。

感謝と称賛がまず浮かびます。寂しいけれども。


そして私はこうも思います。


仏サマになったという西魔女が、
三途の川の岸辺で渡り方がわからず、
一歩進んでは溺れかけて慌てて戻り、
水の冷たさ流れの激しさにオロオロしている老猫キティを見つけ、
そっとその腕に彼女を抱き上げて、
一緒に虹の橋を渡ってくれたのではないだろうかと。

キティは浮世のエミュから常世の魔女へと静かに受け渡されて、
今はきっと2年前に逝ったごっつい妹分・ミルキーと一緒に、
やっぱり日がな日向ぼっことしけこんでいることでしょう。



四十九日に逝ったなんてこと、間違いなく単なる偶然で、
そこには神も仏も魔法の力も一切関与していないことは重々承知の上ですが、
だけどこう考えると少し優しい気持ちになれるのも、確かです。

こう考えてから目をつぶると、
祖母の腕に抱かれてこちらを伺う緑の瞳と大きな耳が、
はっきり見えるような気がするのも、また確かです。

うたた寝ピンボケ
↑ネコマタのうたた寝

涙を拭いてから落ち着いてもう一度考えてみると、
西の魔女が貴様も道連れじゃとばかりにキティ連れてっちゃった説も十分に考えられるのですが、そこはスルーの方向で!

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

 | HOME | 

お知らせ
明日、9月23日(日)の上賀茂手づくり市に出店いたします。ブース番号は141番です。お待ちしております!
書いてるひと
三十路…。

ぺんぐり

Author:ぺんぐり
遊ぶことが好きです。
食べることが好きです。
ペンギン命です。

最新記事
里親さん募集してます
最新コメント
ブログの中身
月別アーカイブ
いらはいませ。
リンク
おたよりください
メールアドレスは
penguri☆hotmail.co.jp
です。
(☆を@に変えてください)
メールフォームもご利用いただけます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。