FC2ブログ

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.15

犯人はいつもヤス

親友と呼べる人は居ますか。
知人とか知り合いとかそんな関係ではなくて、心ひらいて付き合える大事な友人。
私の生ぬるい人生においても、
親友なくしてはこうも安穏とはしていられなかったかもしれません。
でも今日はその話はいいや、今日のお話は悪友です。
達、略して悪友
悪友の悪は悪魔の悪ですからね、ろくでもないことこの上ありません。

私は確かにアホの子ですが、
その私をしてアホと言わしめるKing of AFOの名を欲しいままにするのは悪友代表のこの女、

口を開けば損をするM子
↑たこ焼きで火傷して舌にできた口内炎を自慢しているところ そこはかとなくアホ

名をM子と言います。
別にどうでも良いんですが、本名M子は大変可愛らしい響きでございます。
『悪女』が一番最初に電話をかけて男と遊んでる芝居続ける為の女の子の名前、
と申せばわかる方にはわかるでしょうか。
とにかく可愛い名前、そして名前負けしないチャーミングな顔立ちは、
天に与えられたものですから私が文句を言っても始まりません。

しかし彼女をM子と呼ぶ人は少数派です。
彼女は、ヤスの通り名で知られています。
ヤスと言えば皆さんはどんな人間を思い出すでしょうか。

ヤス日本代表

ええ、大体そんな感じの女です(ぞんざい)。
粗いドット絵を彷彿とさせる粗暴な振る舞いで周りをいつも魅了しています。



とある日、私と夫きういに愚弟イャンクック、そしてこのヤスの4人で川に向かいました。
我々四名はその名もペンギン登山隊、
ペンギンの名を冠するも沢登りでは真っ先に隊長が滑落する困ったチームです。

さて山の行動は朝が早く、この日も朝7時に某駅前駐車場にて集合でした。
もちろんヤスはそんな時間に来るわけがありません。
30分を過ぎた頃、ヤツが現れました。
別にデート行くわけではないので問題は無いのですが、
ボサボサの髪、洗ってない顔、微妙な七分袖のTシャツに破れたパンツで
こちらに全力疾走してきた彼女は開口一番言うのです。

ヤス「いやぁーすんませんホント、
    昨日風呂入ってないんで髪ベッタベタなんすよ~!
    すんませんねベタベタで!!」


謝るの、そこ???


他にもネコのウンコをテーマにした替え歌やパチスロ好き彼氏のトーク等で、
順調に女としての株を下げ続ける無法者・ヤスですが、
今日は私が彼女に贈った革作品のお話。
女株としては日々ストップ安でヤスと良い勝負を繰り広げるこの私メが、
ヤスの女復興を目指して手づくり品を贈るとしたら、一体どんなものだと思われますか?

エレファンツ
↑ゾウさんが大好きなM女ことヤス。

ギャップを楽しむという交流もありますが、
考え方やレベルが近い方が付き合うほうとしては気が楽です。
ヤスという存在は、
ことオサレやファッションといった点で非常に私とウマが合います。
要はちぐはぐなのです。

二年程前でしたか、一緒に夢と魔法の王国デデニーランドへ遊びに行きました。
せっかくの旅行、もちろんうら若き乙女ですから
動きやすくも可愛らしい格好して行きたいに決まってます。
私はとうとう当日までコーディネートが定まらず、
買いに行こうにも仕事が忙しく夜行バス発車の一時間前まで仕事で、
最後にして最前の手段、最愛のあの人の選択に委ねることにしました。
今思うと暴挙と言わざるを得ません。

その日休みだった夫きういに財布を渡して言いました。

私「ここに入ってるお金で可愛いTシャツ見繕ってみて」

お買物好き(ただし他人のお買物が好き)のきういの顔がパァァと華やぎます。

きうい「わかった!!!まかせといて!!!!!!」

私「あ、でも待って、できたら〇〇ってお店にある、
  羊をプリントしたシャツにしてくんない?
  あれこの前見て可愛かったし…色は任せるから」

きうい「~♪」 ←聞いてないかも

不安半分・嫌な予感半分でしたが、昼休みには

きういメール『羊シャツもチェックしたけど、
       あんなのより断然イカしてるシャツをゲットしたよ!
       バス乗り場で渡すから楽しみにしててね~』


なるほど、それはとても楽しみです(とても悪い意味で)。

私メール『とりあえず、写メしてくれる…?』

きメ『開けてみてのお楽しみ♪
   なんと三枚1000エンです!俺、買い物上手!』


こんな日に限って残業になっちゃったりして、死にもの狂いでダッシュしました。
バス乗り場には喜色満面のきういが待機しており、
財布とパンやお茶の入った紙袋と得体の知れないロゴのビニール袋を私に持たすと、
「楽しんできてね!」と笑顔で言って押し込むようにバスに乗せてくれた彼に、
悪意があっただなんて思うことはできない。できるもんですか。

彼は単にちょっとズレてるだけなんです。




さすが我が夫

着ていけと!これ着てデズニー行けと!!


これはなに 本当にこれはなに
↑ねえ何でこれ付けたん?何でこれ買ったん…?

ヤス含む友人たちが「ありえん」「ひくわ」「それはナイ」「無理」「横に並ぶな」「中国人ってこういうの着てるよね」等と好き勝手に私を罵りますが、正直言うと最後の一言だけは中国人に対して失礼だと思います。

一方でヤスの服装はというと、
遠山の金さんが背負ってるような桜模様のアロハシャツ(超ピチピチ)に、
明らかにオーバーサイズのメンズジーンズ
そして元はベージュだったらしい小汚いハンチングキャップという組み合わせで、
彼女のガタイの良さと幅広の怒り肩と相成って、
どう見てもネズミの国より競馬場に夢を見出だしてそうな組み合わせでした。
そういうわけでこの勝負、私はドローだと信じています。


そんなヤスだって立派な女の子です。
いつまでもピチアロハ着て肩で風切ってはいられません。
ある日、彼女は気になるボディラインも隠してくれる、
シルエットの柔らかい白のワンピに挑戦したそうです。

私「ほほうやるじゃん、そんでどうなった」
ヤス「妊婦と間違われて気遣われました

我々アラサー、そろそろ他人の優しさも素直に受け取れない年頃です。


このようにファッション感覚という意味では常に私と拮抗しているヤスですが、
大事なのは人間、中身であります。
オベベやらオグシやらはチャラついたジャリガキ共の自己主張に過ぎません。
中身に関して言うと、我々は大きく違います。
極めて高潔で貞淑な私と違い、ヤスの心は下品そのものと言えるでしょう。

京都の鞍馬に登山しに行った時の話です。
さすが比叡山のすぐ傍というだけあって、山中にも祠やお堂が幾つもあります。
その中の一つ、『弥陀二尊板碑』には石碑の横に説明書きもありました。

在俗出家夫婦の妻蓮性が亡夫弘阿弥のうーん要は、
「この石碑は亡くなった夫を弔う為に、妻が建てたんだよ」というようなことが書いてありました。
その年の初夏に結婚したばかりの私には他人事とは思えません。
その妻はどんな気持ちでこの碑を建てたのかな…と
貞治三年に想いを馳せたりもしていた、そんな時。

ヤス「つまりこの石碑は♂根崇拝ってことですよね」

キミはホント黙ってて!お願いだから黙ってて!!
ついでに妻蓮性さんの名誉の為にここに明記しますが、
これは本当に弔いの石碑です!そんなアレじゃ無いって言ったら無いんだからね!

バチあたれ
↑ヤスは呪われたら良いと思うねん


女の風上にも置けないというか風下にだって置きたくないこの生き物も、
なんと一人前に恋なぞして告白して彼氏ゲッチューしたというから驚きです。

ヤス「私からデート誘って、帰りに告りましたー!初カレですー!!」

私「凄いな!やったな!デートどこ行ったん!?」

ヤス「王将です!餃子ウンメー!」

…ヤスの決死の告白がうまくいったのは、
餃子じゃなくてコイツのおかげだと私は信じています。

空とカバンとスカートと相成ってキミはもうパレット状態
↑いや確かに餃子うまいけどさ、なんかあんだろソコは。

名前は後付け『ヤスラブポシェット』です。
この前年の『女だらけのクリスマスパーティ!ポロリは無いよ』でのプレゼント交換で、
私からヤスへ渡した代物です。
作った私もすっかりこのカバンの存在を忘れていたけれども、
それを告白なんていう一大イベントで起用してくれたことには素直に感謝しています。
手づくり冥利に尽きるの一言です。

ラブヤスラブポシェットラブ エレファンツ
↑前にワンポイント                  ↑横もワンポイント

正面にはエーデルワイスの彫り物が入ったビンテージボタンを使いました。
このエーデルワイス、高山植物の中ではトップクラスに好きな花なのですが、
ビンテージだけにこの一つ以外どこにも見つかりません。
なのでそろそろ取り返そうと思っています。
蛇足ですが木曽駒ヶ岳南の尾根のエーデルワイスは一度見る価値アリだよ☆☆☆

側面はゾウのコンチョです。
ゾウさんですけど彼女の♂根願望とは何の関係もございません。
このゾウは私が間違えて関係ないところに穴を開けちゃったからです。
講師きういには「そのパーツだけ作り直せば?」と助言されましたが、
そんなこと私がするわけありません。


ポケットなんか付けらんないしね
↑中。ポシェットだけど結構大きい。

ポケット無し、本体のみのシンプル設計です。
取り出し口はジッパーを付けているのでじゃあフラップ要らんよねということに気付いたのは最近です。
裏地はシマシマの厚手コットンを使いましたが、
これも穴間違えて開けなければ無くても良かったという哀しい事実。
あと背面には一応ベルトループもありますが、まず腰付けにはしないだろうから割愛します。

ちなみにこの日、コートとカバンと合わせて
あまりにも鮮やかすぎるコーデに「目がチカチカする」と正直に伝えると、
次会ったときには全身真っ黒のどこぞのエージェントみたいな出で立ちで現れました。
なんでいつもそんなに極端なのだ貴様は。

こうしてみると大きく見える あ、ヤスじゃないからねホント
↑本日の主役・パジャマはモンペのヤスさんでした。

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

コメント一覧

すごいね。

原っぺを題材にした「ポートピア連続コンパ事件」。
「犯人はヤス」な内容のブログの下書きをちょうど昨日作っていたのでとても驚いたよ。

こんな偶然が、この世にあるものか、ってね。

わかるよ。毎朝ブログのネタが思いつくんだ。
毎朝の電車の中で「今日は何を書こうか」って。

キーボードを嬉々として叩く自分を想像しながら、ニヤニヤしている私を
恨みのこもった瞳でじっと見つめる老婆。

「おっと、ここは優先座席だっけな。」

iPodのヴォリュームをあげて、遠くを見つめる。
まるで老婆などこの世に存在しないかのように。

朝に思いついた極上のネタも、日にちを過ぎると色あせちまうんだ。

わかっている。

完璧なブログ記事などといったものは存在しない。
完璧な絶望が存在しないようにね。

いまだに「上賀茂手づくり市」のネタが日の目をみていないよ。やれやれ。

わー!送信してみると思ったより文が長かった!
すみません!ちょっと春樹イズムに陶酔してつい…

それでも仲良し

こんばんは!
ヤスさんのこと散々に書いておきながら、それでもほんわか仲良しな感じがにじみ出ているのはぺんぐりさんの筆致のなせる技ですな。
それにしてもピンクのTシャツのキャラクター…すげぇな…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ヤスさん、イイナ~~w
そうやって普段ボロッちい感じかもしれませんが
たま~にバリッとドレスアップして
セクスィ~に決めると男はイチコロですよ!

例えソコが王将であっても!

無いか・・・w

そしてきういさんのピンクのキラーパス!
絶対わざとでしょ・・・?

どもです(^ヮ^)ノ☆

Tシャツ、上の柄とキャラクターのミスマッチが中国的w

でも何回も見てるとカワイク見えてくるような気が・・w

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ノルウェイの森で涙するには私は汚れ過ぎていた

>尼ルダサマ

そういう時(ネタまみれ)に限って大忙しで、
パソコン埃まみれになっちゃうことばかりです。
不幸体質という言葉がありますけど、私はむしろネタ体質と言いますか、
別に呼んじゃいないのにアレヨアレヨと
あんなことこんなことが吸い寄せられてくるのがなかなかね、ええ、なかなかね☆

ネコ探す合間に諸問題解決しようにも、なかなかうまくいかんもんですね☆

いと仲悪し

>しょういちろうサマ

全然仲良くないですよ、全ッ然仲良くないですよ!
お互いスキあらば寝首をかかんとしておる関係です、全く油断なりません。
一応私、上司にあたる存在だったはずなのにね!

本文で触れちゃいませんが、結局アレ着てデデニった私って偉いですよね。

合コンでは周りがカシオレでも一人生中飲む女・それがヤス

>ショートベルサマ

黙ってりゃ可愛い子筆頭なんですけどね、
黙ってないしキレイにしてないからヤスなんでしょうね。
私の結婚式に艶やかな振袖で着てくれたんですが、
ガタイの良さのお陰で鉄人28号みたいになっていたのは今でも語り草です。

私も夫にクロスカウンター決めてやりたいんですが、
そこそこの衣類では全く怯まない男なので良いネタ募集中です。

私は性格が悪いだけ、夫は天然なだけ

>がんだまーサマ

それは中国に失礼だと思います。
もちろん製造は他の大部分の衣料と同様に中国だと思いますが、
いくらなんでも好き好んで着やしませんぜコレ…。
そんな私はオサレ難民ということでよろしくお願いいたします。

もしよろしければ、例のブツのお返しにこちら、お送りしましょうか…?

読めてます!

>鍵サマ(二通まとめて)

ごめんなさい!ちゃんと届いてます!
確認してすぐプリントアウトして作業に入っちゃったので、
すっかりお返事忘れてました!
メールも入れますね、しばらくお待ちくださいませ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://penguri.blog94.fc2.com/tb.php/147-f208296f

▲TOP

 | HOME | 

お知らせ
明日、9月23日(日)の上賀茂手づくり市に出店いたします。ブース番号は141番です。お待ちしております!
書いてるひと
三十路…。

ぺんぐり

Author:ぺんぐり
遊ぶことが好きです。
食べることが好きです。
ペンギン命です。

最新記事
里親さん募集してます
最新コメント
ブログの中身
月別アーカイブ
いらはいませ。
リンク
おたよりください
メールアドレスは
penguri☆hotmail.co.jp
です。
(☆を@に変えてください)
メールフォームもご利用いただけます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。