FC2ブログ

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.04

病ammy february attacks!!!

一ヶ月近くご無沙汰するのはしょっちゅうのことなんですが、
「もしかしてツワリでしょうか?」と、
とあるママさんからご心配いただきました。

ああそうかこの込み上げてくる嘔吐感と食欲不振はツワリってやつで、
このお腹のポッコリは玉のように輝く愛しのベイベーってわけですね☆
と一瞬幸せでいっぱいになりましたが腹はデフォルト
食欲不振は諸々のウィルスにぶちまかされながらも全くめげない不屈の私が
単に食べ過ぎているだけということがすぐにわかって一瞬で不幸せになりました。


さて先月、二月といえば受験に卒業にバレンタイン、
『リア充』と呼ばれるような実生活満喫イケメン&イケージョたちには
いろいろとイベントに忙しい月でしょうけど、
私にしてみれば月の初めに豆撒きちらすだけの月でした。
最近は近所のクソガキに豆ぶつけられることもしばしばです。
もちろんやり返してやりましたけどねっ(武勇伝)。

しかしそんな私でもこの月唯一の輝けるイベントこそが、
毎年恒例オイスターキャンプ!!
この企画は、牡蠣の一番美味しい厳冬期に、
産地に出向いて丸々と肥え太ったいたいけな牡蠣共をしこたま買い込み、
欲望のままにあんなことこんなことして、
時にはななな生でどうこうしちゃうという、
大変罪深い大人たちの酒池牡蠣林なのでございます。

私と夫きういの発案に乗った罪人は我ら含めて11名。
毎年山に一緒に向かうくぬぎさんやひらめさん、
私と同期のしむけん、マキシ、あつおくん&ヨメしずかちゃん、
イケメン先輩古川さん、人妻アイさんとそのお友達ヨッティと
なかなかの大所帯にて牡蠣共を蹴散らして参りました。

二月の吹きっさらしの砂浜だろうと、
美味しい牡蠣と大切な仲間が居れば、全然寒くなんかないもんっ☆
そんな思いっきりロハスなオイスターキャンプ2011の様子、
久々に張り切ってお届けしちゃいます♪♪♪


腐れ外道オイスター
↑ハート型の牡蠣を見つけて幸せ気分♪













ところで私ぺんぐりが、
毎年毎年牡蠣野郎からクリティカルヒット貰ってること、覚えてた方いらっしゃれば挙手願います。


いやさすがにね?
いや私毎年あたってますからね牡蠣?
それでも食べに来てるんですからね牡蠣?

お酒と同じでこちらもそろそろ『あたりかた』を心得てきたと言いますか、
私くらいの経験者ともなれば、食べてしばらく経つと
「あ、これはそろそろだナ」なんて不穏な気配をいち早く察知しそっと場を離れ、
一人静かに勇猛な立ちゲロ決めてから何食わぬ顔してシレッと復帰して
みんなと楽しくオイスターしてきたんです。

クリティカル言いますけどね、
私だってまさか虚弱というわけではなし、
一発食らったくらいで即戦闘不能になるわけじゃあありません。
「クッ、やるな…!だがしかし!!」みたいなノリで
その後逆襲の一発逆転(牡蠣完食)してきたんですこれまでは。

で、今回のぺんぐりvs牡蠣はですね、
個人的には2007年のアーツvs澤屋敷戦を思い出しました。












起きたら総合病院のすぐ隣にあるビジネルホテルに収容されてました。

いや語弊がありますね、
「起きたら」って言いましたけど寝てないですから起きた記憶もありません。

今年は酷かったです。
もう一度言います、今 年 は 酷 か っ た んです。

「オイスターー!!!」の掛け声と共に牡蠣で乾杯して30分後(早エエエ)、
とりあえず第一波を感じ取って、すっとトイレに向かったのはいつも通り、
そして吐くのも毎年恒例、ここまでは計算通りと言って差し支えありません。

で、いつもはここで終わるんです。
せいぜい帰宅してから熱出す程度。


今回は違いました。
牡蠣野郎共、毎年毎年20㎏無残にバカ食いされるのに業を煮やしたのか、
私だけにターゲット絞り込んでピンポイント攻撃してきやがりました。

一度吐いて戻ってきても、まるですっきりしないんですね。
で、ちょっと休むことにしてテントに向かいました。
ブ厚いフリースと極地用ダウンジャケットに厳冬用寝袋装備で横になりましたが、
寒気と震えが一向に収まる気配がありません。
そうこうするうちにまた吐き気が込み上げてきてトイレへダッシュです。

吐く。吐く。吐く。全く嘔吐感止むことなく吐き続けましたが、
それでも吐くのを止められないんです。
もちろんとっくに胃はカラッポなんですが、
それでも突然込み上げてくるのは猛烈に酸っぱいから胃液か?胃液なのか?

胃液だとしてですね、強烈な酸性ですから
そんなもん何度も口腔上がり下がりしてたらそらあ消化管も荒れ放題なわけで、
4時間吐き続けて吐瀉物と鼻水に血が混じり始めた段階で
「血ィ吐く私ってなんだか病弱なクララみたい?」と
呑気なことを考え出しました。クララ血吐いてないのにね。


余命幾許美人薄命みたいなキャラは血を吐いてこそという気もしますが、
擬音はコホコホせめてゴホゴホくらいであるべきです。
公衆トイレで一人吐き散らかしてる私はゲボエ或いはボベラといった様相ですから、
ぶっちゃけ誰にも見られたくない、そっとしておいて欲しい…と願いつつも、
軽くばあちゃんと虹の橋のネコたちが見え始め、
後はいろいろありまして、
だから今回のオイスターキャンプ、写真はほとんどありません。
もちろんこれ以上書くこともありません。
総勢11人のお友達、初めて逢う方も居たんですが、
とうとうまともに自己紹介することなくお別れしちゃったな…。



それが二月下旬のこと。
余りにもあんまりな二月下旬なので、
ちょっと駆け足に上旬と中旬の思い出も少しずつ。


まず上旬。
暇を見つけては一人じいさんの住む和歌山に通う日々が続いています。
節分の終わったあたりに行ってきたんですこの日も。

ばあさんの亡くなった最初こそ力を無くしていた悪タレジジイも、
それもどうかと思うんですがすっかり元通りになりまして、
私がまあ半分は心配して様子見に行ってるんですが
そのたびに「お前も暇やなあ!」と放つ第一声は自重していただきたいものです。

でも行けば行ったで嬉しそうに私の世話を焼いてくれるので、
私も有り難くお世話になることにします。

で、この日も私の寝室を用意してくれたんですね。
そしていろいろと細かいことを言うわけです。

ジジイ「おい電気の紐伸ばしとったから消すんやったらこぉ引きぃよォ」

私「わかったー」

ジジイ「エアコン点けとおよ、夜は点けとかなあかんから消しなぁよぉ」

私「はーい」

ジジイ「お前あかんよぉドアほれこぉ開いとるよぉ!
    隙間から寒くなるえぇキッチリ閉めとかなあかん!」


ドアを数センチ開けておいたのは、
向かいの部屋のジジイの様子を確認する為だったんですが、
これだけ私のことを気にしてくれるじいさんならもう大丈夫でしょう、
「じゃあこっちのドアも閉めるからじいちゃんも暖かくしいよー」と
オヤスミ伝えて布団に潜り込みました。


その夜は今年一番の寒波に関西が包まれ、
温暖な和歌山といえども阪和道やら阪神高速やら車の交通網は
完全に遮断される程の積雪でした。

さてじいさんが愛情たっぷりに用意してくれた私の寝室。



積雪してました。





屋根じゃないですよ?



ジジイ、窓開いてる!!!!!

ドアよりエアコンより電気の紐よりまずそこ見よう!

ジジイ「おお、お前来る言うてたからな、空気入れ替えとこ思て
    昼間開けたんやわ」
覚えとこう!つか閉めよう!!


さすがに風邪引いた私を誰が虚弱と責められるでしょうか。


悪ガキ絶好調
↑「ばあさん居らんし自立せんといかん」と突如自転車に乗るようになった祖父。
  つか腰悪くて杖無しじゃ歩けないんじゃなかったっけ…?




で、ものっそい咳込みと鼻水に悩まされながらの中旬なんですが、
またこれも折り悪く、
バカ共(悪友ヤス&愚弟イャンクック)と山行く約束してたんです、雪山ね…。

前から約束してたし装備もレンタルしちゃったし、
何より私が一番行きたがってるわけだし、
でも咳と鼻すげえけどどうしようかと夫きういに相談したら、
「ユンケルで風邪薬飲み込んだら行けるよ!」という
心強い回答だったので決行しました。


寒くないよ!辛いだけ…
ハイ、吹雪♪
(真ん中で愛想振りまいてるのが私です)

上旬に寒波が来たばかりなので、
もちろんこの時期に、ここ比良山も関西とは思えぬ積雪です。
この日は比良山系にある釈迦岳という山を目指したのですが、
ケータイで「しゃかだけ」と打ち込んだら
「釈迦抱け」と不埒極まりない変換されました。

辛くもなくなってきたよ!しんどいだけ…
↑まあ結局頂上に着く前にお腹空いて帰ってきたんですけどね

元はリフトがあった急斜面を直登します。
私とヤスがそれぞれ持っているオレンジとピンクのブツは携帯用のそりです。
雪山というと何やら凄まじそうな響きですが、
要はスキーやボードに行くお金と装備と技術の無い人たちの集まりです。

頃合いを見計らって、3・2・1・P(ペンギン)でそり滑りスタート!

愚弟のそり遊び
↑3・2・1、イャンクックゴー!

愚兄もそり遊び
↑3・2・1、きういゴー!

痛いよう痛いよう
↑3・2・1、ぺんぐりゴ(ズシャッ)


と一日雪まみれになって遊びまわって帰宅したらやっぱり熱出て
咳と鼻は見事に悪化していました。予想通りっちゃあ予想通りなんですけど。

それからも二月はいろいろありまして、
バイト先の店長からの電話をとってお互い軽口叩きながら
「もうそんなこと言うんなら切りますよー」とふざけて言ったら
ホントにそこで電波悪くなって電話切れちゃって、
それ以来テンチョちょっぴりよそよそしくなっちゃったとか、
バイト終わってさあ帰ろうと思ってケータイ見たら
「誰が35歳鬼軍曹のすっとこリリーだって…?」鬼リリーから
鬼メール来てたりとか、
きういの原付が廃車になったとか、
そういうプチ事件を経てようやく風邪も回復してきたところに、
オイスターアタックと相成るわけでございます。


先輩からお見舞いのメールの中に、
「ぺんぐりちゃん、結構からだ弱いよね?」という一文がありましたが、
こと今回の諸々に関しましては私が無謀なだけだと思います。

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント一覧

牡蠣のコト、キライになってもイイのですよ・・・?

生はイカンですよ、ホント遺憾です
年末に買いだしに行った日生で学んだ新しい食い方は
カキオコ!

要するにお好み焼きの牡蠣玉なんですけど

牡蠣をまるッと三つ四つ一枚のお好み焼きに入れて
食すんですが、ナニソレ美味しいの・・・って感じですが

バリ美味かったッスよ!

で、雪山行ってスキーしないとかありえねえ・・・
で、ここんとこ寒いんで今から行って来ますよ、スキー

牡蠣怖い・・・カキコワイ・・・かきこわい・・・
一度死にそうな思いをしたからコワイ・・・
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガク

最近は、残業か送別会で激太り・・・Orz

てか!ぺんぐりさんもトランザムやってんじゃんwww
ご自愛くださいまし~~^^

っで

来年も行っちゃうですか? 行っちゃうんですね!?

真面目な話
命を落としかねないのでくれぐれも気をつけて・・・・

手作り市でコインケースを買わせて頂いてから、ブログ楽しく読ませてもらってます。
それはそうと症状が出るのが早く、毎年酷くなるということは、あたってるのではなくアレルギーなのでは…。
アナフィラキシーショックはハチに限った話ではないと思うので、一度検査を受けて今後のオイスターとの付き合い方を考える事をお薦めします。
ただぺんぐりさんの自虐っぷりが好きな私としては来年も特攻するのを見てみたかったりしますが、くれぐれも無理はしないで下さいね。フリではないですからね。

まぐろさん経由でお邪魔して数ヶ月。
初めてコメントを残します。
ぎっくり腰+肉離れ+熱風邪のトリプルパンチの私より
スゴい2月を送った人がいた…!とある種の感動さえ覚えてしまいました。
(失礼すぎ)

どこまで暴走するのかハラハラしつつ今回の記事を拝読しまして…爆笑した後に心配になってしまいました。
爆笑はしました。スミマセン。

生牡蠣は危険なのでクリティカルヒット★なんて笑っている場合ではありませんよ~(><)血まで吐くほどの嘔吐はさぞつらかったと思います。アレルギーかもしれませんから、くれぐれもご自愛ください。

かくいう私もインフルエンザで40℃近い熱を出しているのに、車で石川まで寒ブリを食べにいったことがあります。
ぺんぐりさんに勝手に親近感を覚えております。

ぎょええええーーー!!
どんだけあたってんの!それあたりすぎでしょう!ていうかもう牡蛎のこと忘れて!そんな食べ物この世に存在しないことにして!

ていうかね、ここでぺんぐり嬢が何回も何回も 何 回 も! 牡蛎にあたってるの見てね、私はすっかり牡蛎が怖くなってしまったよ。
お友達に牡蛎食べ放題に誘われたんだけどね、怖くて断ってしまったよ。いやぁ昔牡蛎にあたって酷い目に遭ったから~とかなんとか言ってね。
でも本当はまだあたったことないんだよ。
あたった人を見たことがあるだけなんだよ。
それは君だよ。ありがとう。

もうほんとに大丈夫なん?お大事にね。

いや、もう、嫌いになってもいいですやん。牡蠣。
こんだけあたれば牡蠣も本望ってモンですよ。

ホント、命に関わりますからアドベンチャーは
ほどほどに。

きういさんが1人ポツンと立ってる手作り市は切ないっすよ。ぐへへ。

だーかーらー

それアレルギーだって!他の人が大丈夫ならウィルス性食中毒じゃないから。
牡蠣のアナフィラキシーもあるらしいよ。
ぺんぐりさんの場合、もうアレルギーだから
今後は酷くなるだけだと思うけれど・・・
笑いをとるために体張るのはいいけど、死なないでね。

で、3月の出店に向けて製作はすすんでるのかね?

完璧に大丈夫になったのですか?

たまたまお昼ごはんを食べながらゲロゲロ・レロレロな記事を拝見いたしました。
まぁ、なんとナイスタイミングな記事でしたこと。
食べ終わるまで待ってから拝見すれば良かったですわ。
それはそれとして、私も皆さんに同じくアレルギー説に賛成です。もう今年を最後にやめましょうよ!
どうぞご自愛くださいませ。

十中八九アレルギーだと思いますが…
しかしとんでもない無茶されてますね・・・(笑
きういさんも「「ユンケルで風邪薬飲み込んだら行けるよ!」じゃないですよwww

僕も変な風邪(?)に2週間ほど苦しめられておりますが、お互い20代の真ん中より後ろなので無茶はしないようにしましょう(´・ω・`)
お大事に!

コリないねぇw(^ヮ^;)

僕も日本酒を飲みすぎて朝の4時まで吐き続けたことが何度もありますが、苦しいですよね~アレは。。

これにコリて牡蠣はやめたほうが、よろしいかと。

今日ブログを読んだので、まさかここまでだったとは・・・。

牡蠣二度と食べではダメレベルですよ、コレ。
体を張るのと命を懸けるのは違いますからね。
旦那さんも止めなくちゃ!

今はカキだけですが。

これ、どっかで聞いたことある!と思ったら
我が家の母とおんなじ症状でした。
母はその後、それでも大好きなカキを食べ続け、吐き続け、とうとうカキどころかアサリもシジミも貝類全般その汁までも駄目な体になり、去年なんでかサンマが駄目になり、今年はとうとうブリまで駄目になりました。
どうかご自愛くださいませ。「ぺんぐり様の大冒険」はみなさまの生きる希望なのですから!

コメントありがとうございます!

こんばんは、お返事大変遅くなりました。
牡蠣で大変な目に遭ったのは確かなんですが、
日本がそれ以上に大変なことになってしまったことに、
我ながらどんなテンションで居れば良いのかわからなかったという、
まだまだ青い私をどうぞお許しください。
こんな時こそ通常更新すべきちゃうのん!?

>ショートベルサマ

生はだめですよホントにダ・メ♪あっこのブログ未成年も読んでるかもしれん
いや間違いなく読んでないと思うけど自重した方が良いですよね!まったくベルさんったら♪

うーん、やっぱ生食いですかねえ?
別に生に限らず焼き牡蠣も食べたんですけどねえ、
まあほぼ生ですけど。

ホントは翌日カキオコ食べて帰る予定だったんですけど消滅しました。
でも今は食べたいんだよーーー本当なんだよおおおお!!!

たぶん来年も行くと思うんです。
でも食べるかどうかはまだ、その、決められなくて…
チキンでごめんなさい。

スキーはそろそろ押し入れで腐敗してる頃だと思います。
また買い直すと思うと頭が痛いです…。



>kogattiサマ

同志イイイイイイイイイイイイイ

牡蠣怖いっすよね!?牡蠣って怖いですよねえええ!?
今リアルに思い出すとふっとあの酸っぱい胃液が蘇ってきました。
ひと月以上経ってもまだまだ思い出は色褪せません。

お互い、体は大事にしましょうね…。
特にお忙しい時期でしょうから、
絶対に牡蠣なぞ食べないようにしてください。



>サマナーサマ

命は大袈裟だなぁ~ハハッとか思いつつ皆さんのコメント読んでいったら
知ってました?ガチで命にかかわるって知ってました???
知らないのは私だけなんでしょうかね。
でも私だけは知っとかないといけない情報のような気もします。

ちなみに、来年も二月第二週土日の予定です♪



>どぜうサマ

初めまして!コメントありがとうございます!
上賀茂でもお買い上げしていただいて、本当にありがとうございます。
三月はもうどうしようもなく出られませんでしたけど、
四月は申し込みます。またお会いできるのを楽しみにしております。

それはそうと、以下アレルギーアレルギーの大合唱です。
認めたくないッ!!!検査こええ…

着実に牡蠣野郎は強くなってきたような気がします。
私も何とか自分を強化して対抗してやろうと思っています。
だってオイスターキャンプ発起人が牡蠣アレルギーとか美味し過ぎるじゃないですか!
それでも食べてこそ漢ですよね!私女だけど!



>nicoサマ

初めてコメントしていただいたのに圧倒的な放置、申し訳ありません。
そして今も更に一時間以上更新が遅れたのは
むちむちコロンちゃんのせいです。遡って読みまくっちゃいましたよ。
ね、ネコってあんなに可愛いのに、
なんで飼い主やら拾った我々が
牡蠣アタックやら肉離れやらするんでしょうね…関係ないですね…。

二月はどこが悪かったんでしょうね。
個人的にはジジイが窓閉めなかったのが
とりあえず一番悪いと思ってるんですけど、
牡蠣は確かにちょっと考えないとダメですよね…。
友人あつおくんに「今夜カキフライにしようと思ってるんだ!」と報告したら、
「絶対にやめといたほうがいいよ」と至極冷静なご意見をいただきました。
私以外はみんな冷静なので、来年も何とかなりそうです☆

私的なお話ですけど、ちょっと家が近そうな感じですよね。
うっかり隣だったらどうしよう。親近感親近感!



>コトリ子サマ

おうさ、私は毎年あたっておりますよ。
毎年、私は牡蠣を食っちゃ吐き食っちゃ吐きしておりますよ。
しかし、どうでしょう。
それは結局食べて消化して出すという行為と何が違うというのです?
ちょっと出す穴が違うだけではないのでしょうか。そんなことはないよね…

うん、薄々わかってはいるんだ…
あたしたち(私と牡蠣)、
この世界では一緒になれないのかなって…
涙無しには、語れないよね…

でも泣いてるのは私だけでたぶん牡蠣は大喜びしている予感。



>さかりかサマ

見せてあげたかったですけどね、
私が勇猛にして果敢、そして獰猛に立ちゲロかましてる姿を!
いやそんなもの全く見たくないものナンバーワンかツーだと思いますけど、
あの姿を見れば、私が牡蠣の為に必死なのだ、
文字通り 必 死 なのだということがおわかりいただけるかと思いまして。

ちなみに死ぬほど苦しいですが、三日で治ります。
一年で考えると、3/365なら、余裕じゃないですか?



>まぐろサマ

とりあえず申し訳ない!三月の上賀茂この間終わりました!!!
当然出れませんでしたけど、四月には申し込むよ!通るかわかんないよ!

うん、その、私も専攻が微生物学だったもんで、
とりあえず食中毒じゃなくて体質的なもんだわっていう
冷静なぺんAも要るんですが、
残念ながらね!基本的に私の主権を
「いーじゃんいーじゃん食ったらいーじゃん!」
…としか言えないぺんBが握ってるもんでね、
結局牡蠣食べたいとか思っちゃう自分が情けないです。

あの、それにしても「笑いの為に体張るのは良いけど」って…良いの?



>ハンドライフルのマコサマ

うふふ、このブログの本質は品性下劣の下ネタ満載♪
今に始まったことではありませんでしてよ♪

キャラのせいなのかもしれないんですけど、
「何か嫌いなものある?」と誰かに聞かれて、
例えば「牡蠣が怖い」と言おうものなら
100%牡蠣を用意されちゃうのは「饅頭怖い」的なものなんですかね?
本当に怖い場合はどうしたら良いんでしょうね?



>しまサマ

そうそう、私ホラ二十代の真ん中(より後ろ)だから!
まだまだ二十代(の真ん中より後ろ)だから!
多少のダメージは若さでカバーしちゃうから!!!

来年のキャンプは三十代での参加です…。
私は一体どうなってしまうのでしょうか…。
嗚呼、若さが羨ましい。



>SHINOサマ

日本酒には限らないですが朝まで吐き続けるのはしょっちゅうなので大丈夫です!
個人的なダメージ換算をすると、牡蠣>酒でした。

牡蠣ホンットやばいっすよ!

いや、だからそれを皆さん、一生懸命
私に伝えようとしてくださってるのはわかるんですが…。

でも牡蠣ってホンット美味しいですよね…。



>むもいサマ

先日はどうも!どうもどうも!
私たちが帰ってから大変なことになってしまいましたね。
そちらも停電の影響でご不便続いていることと思います。
どうかお気をつけてくださいませ。

勇気と無謀は違うよね、って言おうと思ったんですけど、
「お前のソレは無謀だ」と袋叩きにあいそうだったんで、
やめときます。私って懸命!?



>まいにちやきやきサマ

あー…最後のコメントで一番辛く、重く、衝撃的な事実きたあー…。

牡蠣のみならず他の魚介全般ダメになるとか、
それ私に消えろって言うのと同じですよね…?
だって私『ぺんぐり』ですよ?『ペンギン』からきてるんですよ???
魚食うなとかトチ狂ってるとしか思えないじゃないですか?

牡蠣め…!来年覚えてろよ…!!!
(今年はさすがに挑む勇気が無いようです)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://penguri.blog94.fc2.com/tb.php/227-95c3c4e7

▲TOP

 | HOME | 

お知らせ
明日、9月23日(日)の上賀茂手づくり市に出店いたします。ブース番号は141番です。お待ちしております!
書いてるひと
三十路…。

ぺんぐり

Author:ぺんぐり
遊ぶことが好きです。
食べることが好きです。
ペンギン命です。

最新記事
里親さん募集してます
最新コメント
ブログの中身
月別アーカイブ
いらはいませ。
リンク
おたよりください
メールアドレスは
penguri☆hotmail.co.jp
です。
(☆を@に変えてください)
メールフォームもご利用いただけます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。