FC2ブログ

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.24

生きろ、そなたは美しいニャン。

アルバイトを始めて早くも半年以上が過ぎました。
その間にいろいろあり、
ある程度忙しくなったというのもありますが、
月日というのはあっという間に経つものですね。


初々しさアーンド元気さだけが取り柄です!な私ですが、
お店での私の立ち位置はというと、
童顔な店長からは基本避けられ常にさん付け&ガチ敬語
先輩スタッフさんたち、年下スタッフさんはもちろん、
年配スタッフさんにすら「ネエさん」或いは「アネさん」と呼ばれ、
力仕事とあらば真っ先に駆り出され、
マニアックなモノしか置いてない鬱蒼とした売り場の隅っこにいっつも追いやら求めていたのはこんなポジションじゃねえ!!!

ゴリラみたいな先輩スタッフさん曰く、
「アネさんが君臨してからもう半年も過ぎましたか…」
君臨て言うな!君臨て言うな!!!

若さをウリにしてる先輩スタッフ、
トモさん(23歳・小便臭いメス豚)に至っては、
未だにカタログの漢字をわざと読み間違えて
みんなから「こいつゥ(笑)」などと小突かれてましたからね、
私ももちろん「トモさんったら(笑)」と微笑みながら
助走つけて飛び蹴りしようとしたら社員さんに引っ張ってかれました。コレ差別ですよね差別。


自分の存在位置に若干の不信感を抱きつつも、
日々真面目にお仕事に取り組んでいるのですが、
つい先日、私よりも後に、
とうとう新人さんが入ってきてしまいました…。
ようやく築き上げた新人ポジション、危うし。

期待のニューフェイスは26歳の好青年、ケンくん
黒縁メガネと黒のイホン(i-phone)をオサレに装備する、
イマドキのイケメンです。
私と5歳も違わないながらも、
「サマソニ」「合コン」「ガジェット」などなど
彼の使う言語には馴染みの無い単語が多過ぎて、
同じ昭和生まれとは思えません。


さてニューフェイス、
まずはディスプレイされている巻貝を手にとって一言。

ケン「アッチイーーーー!!!

私「え?」

ケン「熱いっス!この貝マジ熱いっス!
   めっちゃ熱くないスか!?いやめっちゃ熱いっスよ!!
   ヤバイっスよ!これマジキてるっスよ!」


アサリやハマグリには特に感じるものは無いそうです。
でもサザエは「アンテナ1本くらいっスね!」とのことなので、
要は巻いてりゃ良いんだと思います。


お次はというとニューフェイス、
入社して最初にするのはまずお買い物。

ケン「やっぱTシャツっスよね!
   まずTシャツ無いと始まらないっスよね!
   このTシャツ、カッコ良くないっスか!?これどうスか!?」


私「いいんじゃない。
  あ、でもこっちの色の方が似合うんじゃないかな?」

と、若者らしい爽やかなブルーを薦めてみたんですが、

ケン「いや、オレ、Tシャツは黒しか買わねえって決めてるんスよ!
   オトコは黒しか着ないんスよ!!


そう叫びながら彼は黒いTシャツを買って帰りましたが、
この日彼が着ていたTシャツは普通に白でした。


そしてニューフェイスと一緒に向かう、
終業後のロッカールームにて。

ケン「アネサンて結構バイトして長いんスよね!?
   なんか働く上でのポリシーとかあるんスか!?」


私「ポ、ポリシー…?
  えーと、そんなに真面目に考えたことなかったな…」

ケン「なぁーんだ、アネサン、なーんも考えてないんスか…」

私「えっ、あー、いや、考えてないわけじゃなくて、そうだな…、
  『お客様の立場で、本当に必要な物だけを提案する』…
  …言葉にするとこんな感じかな…?」

ケン「いや、オレが言ってんのはそういうんじゃないんス!
   自分にとっての!つーか、自分にとっての!みたいな!」


私「(だめだ全く意味わかんねえ)
  じゃあケンくんのポリシーを教えてよ」

ケン「オレスか!オレのポリシーはッ!
   『絶対店のトイレでウンコしない』ってマジ!決めてるんス!」



店の将来と彼の将来と日本の将来が軽く不安になった、
ある日のお仕事の風景でございました。


今日はそんなお仕事中に起こったアニマルハプニングについて、
一つお話しましょうか。

どうもツメの甘い子に育つのは、我が家の伝統
↑若者はいつもツメが甘いもの。それが若さといふものか。

「専門知識が必要だから、ここはぺんぐりさんにお任せします」
童顔店長からそれっぽい理由をこじつけられて、
私は大抵人気の無い、地味な売り場でホコリ取りのお仕事です。

専門的といえば聞こえは宜しいですが、
そもそもそういう道具を買いに来られる方はそんなに居ないので、
日の当たる華やかな売り場で
お客様たちとキャッキャウフフしてる他のスタッフさん横目に、
今日も日陰で不貞腐れております。

なので、その日それが知らされたのも、
とっくにお昼も過ぎて、
たまたまゴミ捨て場に向かおうとした時でした。

社員さん「ああ、ゴミ捨て場なんだけどね、
     オレちょっとどうしたらいいかわからなくて、
     とりあえず箱には入れたんだけど、
     ネコって肉食べると思うけどそういうわけにもいかないし、
     どうしたらいいかみんなで考えてみようかなって」


私「…何を仰っているのかよくわからないんですけど」

社員「そうだよね、ゴミ捨て場入ってすぐ右見てみて」

というわけで『ゴミ捨て場入ってすぐ右』とやらを見てみますわね、
すると場違いなところに紙箱が一つポツンとありまして、
中には、

ネコボックス

!ニャーン!

箱を開けて最初に思ったのは、

生きろ、そなたは美しい。

なんて綺麗な子なんでしょう!!

羽毛のような柔らかくてふわふわの産毛に包まれた、
白・シナモン・グレーの見事な三毛です。
淡いアースカラーの美しさに息を呑みました。

本当に美しい子ですが、
しかし体をきっちり丸めながら息は浅く荒く早く、
箱に残る血の跡に気付いた時は、ぞっとしました。


確保したスタッフによると、
開店直後の店の前で、
か細いニャーンを聞きつけ探してみたところ、
店の前の植え込みの中にこの子が横たわっていたそうです。

精一杯こちらを威嚇するものの、
口と鼻から血を流して、起き上がることもできない様子を見て、
要らない紙箱にふかふかの紙をたっぷり詰めて、
そおっと抱き上げて涼しい場所に収容したとのことでした。



ここにきて、またネコです。
もうすぐトラジを見つけて一年ですが、
…ここにきて、またネコです。
そういえばトラジも死にかけていました。
さすがに頭を抱えました…。


とりあえず仕事中なので、
「死ぬんじゃないぞ、頑張れよ」と声をかけ、
鬱蒼たるマイポジションに戻りました。
が、当然、頭の中はネコでいっぱいです。

どうしたもんか、
またトラジみたいに里親さんを探すのか、
そもそも血を吐いてるし閉店まで頑張ってくれるだろうか、
閉店後にどこか動物病院あるか等々、
悶々としても答えも出ず、
ようやく回ってきた16時過ぎのお昼休みに、
真っ先にネコの元に駆けつけました。


ネコは静かに眠っていました。
咄嗟に嫌な予感がして、
慌てて喉元に触れてみたらフシャッと怒られました。
寝ていただけのようです。ごめんごめん。

ネコの周りには、スタッフのみんなが休憩のたびに
順番に買ってきたのでしょう、
さっきは無かった差し入れが並んでいます。
ネコ缶、カリカリ、牛乳、南アルプスの天然水、
ハチミツ、パン、お弁当の残りは良いとして、
カロリーメイトを置いたのはやっぱりこのバカでした。

ケン「やっぱウィダーインゼリーのが良かったッスかね?」


閉店後にネコ箱抱えてスタッフで話し合い、
とりあえず今日は私が実家にジャンピング土下座して
当面預かってもらい、
全員で里親さんを探そうという話になりました。

というわけで私の頭は羽より軽いぜ深夜に久々の帰省もやっぱりネコ付きで申し訳ありませんはいジャンピーーーーン!!!

私「マジスンマセン!!!!!ホントスンマッセン!!!!!
  絶対探しますのでマジよろしくお願いします!!!!!!」

オカン(ホロ酔)「はいはいホラ見せて。あ~ら可愛いじゃない?」

狭いところはどこだ
↑母から隠れようと必死のネコ。

水や子ネコ用ミルクを鼻先にチョンと付けてみましたが、
舌を出す様子はありません。
どうも体温も高めのようです。
今は血を吐いてはいませんが、
弱っているのは間違いないようです。

私「どうしたらいいの?この子大丈夫なの?朝までもつの?」

オカン(泥酔)「任せときなさい、お母さんが抱っこして寝るから大丈夫!
        子ども8人育てたんだからねアタシ!」


狭いところはどこなのだ
↑隠れる場所が根本的に間違っている。

私「8人は言い過ぎだ」

オカン(酩酊)「ヒト3頭とネコ5頭、合わせて8頭文句あるかい!」
私(一頭目)「ありません」


苦労したんだね…
↑顔色が悪い、ような気もする。

我が肝っ玉かあちゃんはネコを抱き上げて、
自分のフトンに連れていくと自分は瞬間で寝やがりました。
ネコはしばらく鼻をフンフン言わせてましたが、
すぐに母の腕に頭をくっつけて、
やっぱりおやすみになられました。


私はようやく少し安心して、実家を離れました。明日も仕事です。
帰り道、ヤモリを見つけて嬉しくなって、
バシャバシャ写真撮ってたんですけど、
実は終電ギリギリだったり慌てて乗ろうとしたら財布に40円しか入ってなかったり急いでATMに走ったのに終電行っちゃって乗換駅で寂しく取り残されてたりと母とネコは知らないでしょうけど実は大変なことになっていました。

ヤモリンリン
ヤモリ「だからさっさと帰れって言ったのに」



意地で歩き通して帰宅したのは結局2時過ぎだったので、
翌朝、長妹モアからメールが来た時、
まだ寝ていたのは責めないであげてくださいまし。

モアメール『名前はきなこちゃんになりました


はや!嬉しいけど馴染むのはや!!!

どんなに飲んでも翌朝には完全回復するバッカスマザー、
ちゃんと朝一番に病院に連れていってくれました。感謝!


獣医さんによると、
喉元や腕に大きな傷があり、
おそらくオスネコに襲われたのだろうということ。
傷口を消毒して抗生物質を貰って、
あとは彼女の回復を信じることになりました。

なので母が職場や帰省先にいつもケージできなこを運び、
ご飯と薬とトイレの世話を全部やってくれました。
母は、本当に偉大です。本当に。

こういうところはまるでヒトの子
↑一週間後のきなこ。だいぶ顔色は良くなってきた。


んびんび飲む
↑ミルクは好きらしい。


この日気になったのは、下の写真の左前足です。
遠近感のせいではなく、明らかに腫れあがっています。
結論だけ言うと、この足は切ることになりました。

左足
↑「命があって本当に良かった」と夫きういは言います。私もそう思います。



スタッフが見つけた偶然と、
母の献身的な介護と、
きなこ自身の生命力のお陰で、
腕一本失ったものの彼女は見事に回復しました。

結局、またも実家に甘える形になってしまったのは心苦しいですが、
きなこは我が実家の末っ子として、無事迎えられました。
本当に嬉しく思います。


まあ、実家にはお土産付きで感謝の土下座をするとして、
元気になったうちのきなこちゃん、
またこの子がすっごく可愛いんです♪
是非是非チヤホヤしてってくださいませ♪

さあきなこちゃん、どうぞ♪♪♪









ラージ入りましたー


 デ デ ー ン 




あの夏は戻ってこない
※参考画像


トラジが特大を超えて巨大になりつつあります…。
カルキン少年が頭を過ぎったのは私の気のせいでしょうか。



でこれだけクソデカくなっているのに
何故かすこぶる臆病ときまして、
私が抱っこしたらこの表情ですよ。

はははやく降ろしたまえ(キリッ)


きういが抱っこしてもこの顔ですよ。

いいいいいいかげんにしたまえ(キリッ)



今やネコの最年長のゴンタも愛想が無いのは相変わらずで、
久しぶりに会いに来たのに唯一のショットがこちら。

唯一のショット
↑ツンデレってやつだよねそうだよねそうだと言ってください


もういいもんきなこちゃんが居ればいいもんさあきなこちゃんおいで!
というタイミングで帰ってきたのは長妹モア
私と目が合うなり、

モア「なんやお姉ちゃん帰ってきてたんや、エアロビやろ
と何の脈略も無い提案で人を煩わすのは、
実は姉譲りなので特に反論はできません。

はいワンツ!ワンツ!
↑そしてまた私も一生懸命やるわけだ!!


ようやくきなこと対面できたときはぐったりしておりました。

あーしんど
↑同じポーズでくつろぐ我々


左腕は無くなってしまいましたが、
当初心配していた程不自由そうでもなく、
幼さならではの適応力をフル稼働させて
器用にいろいろこなしているようで安心しました。

口があれば食べられますッ
↑ご飯も普通

足三本でも充分ですッ
↑ダッシュも余裕

懸念したのは寧ろ先輩ネコたちとの関係です。
ゴンタはヒトにもネコにも無関心なので良いとして、
問題は先程の巨ネコ・トラジ。
キャツの体重はまさかの5kgを超え、
ネコ型砲丸とでも呼べる重量級になってしまいました。
前足の有無どうこうではなく、
1kg前後のきなこが敵う相手ではありません。

また、きなこはオスネコに襲われた可能性が高いとのこと。
その傷も癒えぬまま、
(一応)オスネコのトラジと一緒にして良いものでしょうか。


私たちの不安は的中し、
今日も嫌がるトラジをきなこは強制的に明るい場所へ引きずり出し、
ネコパンチ&ネコキックとやりたい放題、
好き勝手にフルボッコにしています。…あれ?

お前相手に左腕は必要ない
↑足が三本あれば、


一方的なクランチ
↑タマ無しトラジなぞボコスカウォーズ。



そういうわけで、いろいろありましたが、
職場だけでなく実家にもニューフェイスが参入しました。ただ前者は別に可愛いわけではありません。見た目は黒っぽいビッグバードです。

有り余る活力と無駄とも思える機敏過ぎる動きは、
たぶん若さの専売特許なのでしょう。



だからトラジ、許してやれよ。

きなこ&トラジ
↑トラジのお昼寝スペースを奪ってご満悦のニューフェイス。

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

コメント一覧

おほーう、すんごい色だね!渋い色!
最後の写真のきなこちゃん、最初と全然顔が違う。
本当に良い人に巡り合えて良かったね。ありがとうお母さん!!(ぺんぐりさんもありがとう)(小声)

それにしてもトラジは…あれだね、猫科の何か違う生き物だよね…。
イエネコではないねもはや…。ジャングルキャットって言われても信じる。

僕もTシャツは基本黒しか買わないっス。
出てきた腹を細く見せるためって言うのは内緒っス!

いやしかし、3本足でも全然元気で安心しました。
足切るって見た時はギョッとしましたけど。

しかしトラジ・・成長早いなぁ。
デカ過ぎてギョッとしましたw(^ヮ^;)

え?5kgで・・・?

きなこちゃん、強運な星の下に生まれてきたんですなー
ぺんぐりさんをひきよせちゃうなんて(^m^)
バイト先の皆々様も、見捨てないでくれてありがとうございます。
怪我をした猫を汚い、キモチワルイといって追いやるような人も多い昨今、皆さんの温かいお気持にほろりとなりました。

で。
えーと。5kgで砲丸呼ばわりですか?!
うちの猫らは全員大きいか長いかなのでオスで5kgなんて当たり前って認識でした(--;
ゆうたは6.4kgでまぁ確かに肥満。
骨太で胴も手足も長い雪は、5.8kgですらりとしています。
トラジくんも立派な大人になってよかったよかった!

あ・あのトラジが・・・・
こんなに大きく・・・なり過ぎっぽwww

間違いなく
きなこちゃんも元気に大きくなりますね  

なり過ぎない様に祈ってますww

コメントありがとうございます!

今回の記事は、実は書くのは二回目です。
一週間ほど前にアップしようとして、さて完成!
…というタイミングで全て記事が消えて書き直しです。
トラジの肥大化を二度も強調するハメになって、
私は少し哀しいです。


>コトリ子サマ

そう、トラジの時も思ったんですけど、
目ヤニで目が開いてないとかじゃなくて、
明らかに顔色ってあるよね!
明らかにハツラツとしてるよね!オロナミーンC!

トラジは(おそらく)一歳になりました。
彼曰く、まだ育ち盛りだそうです。
カリカリをご所望だそうですが、
今のところきなこが全て横取りしているらしい。

きなこの肥大化も、近いです…。



>SHINOサマ

!!
黒にそんな効果があるとはッ!?基本だった…!
でもペンギンTシャツって、あんまり黒いのないんですよ、
ペンギン目立たなくなるから。
今日も元気にお腹をアピールします!

しまさんちのワンくんも
足切ってしまったらしいですけど、
どうも私たち人間が心配するよりかは彼らの方が
大らかに考えているみたいです。
考えてないだけの可能性もありますが。
わんぱくでも良い…そんな心境でございます。

来年の今頃のトラジはもちろん、
きなこの大きさにご期待ください。


>nicoサマ

幾ら病気や怪我してるからと言って、
ネコ様を汚い呼ばわりするとは解せませんよね!
そんなヤツにこそ助走つけてドロップキックです。

で。
そう、実はトラジは初のオスネコだったんです。
男女差ってそんなに無いと思ってたんで、
正直ドンビキしています。
ゆうたくんも雪さんもあんこさんも
ガン見させていただきましたが
全然デカくは思えないですね(いやあんこさんは当然だけれども)。

しかし、トラジはどう見ても肥満です。

ちなみに、私と夫には大して体重差がありません。


>サマナーサマ

トラジ…!

一緒に拾った悪友と愚弟に写真を見せたら、
二人とも同時に

「えっ」

って言ってました。




きなこにはそうなって欲しくないの…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://penguri.blog94.fc2.com/tb.php/236-599694bd

▲TOP

 | HOME | 

お知らせ
明日、9月23日(日)の上賀茂手づくり市に出店いたします。ブース番号は141番です。お待ちしております!
書いてるひと
三十路…。

ぺんぐり

Author:ぺんぐり
遊ぶことが好きです。
食べることが好きです。
ペンギン命です。

最新記事
里親さん募集してます
最新コメント
ブログの中身
月別アーカイブ
いらはいませ。
リンク
おたよりください
メールアドレスは
penguri☆hotmail.co.jp
です。
(☆を@に変えてください)
メールフォームもご利用いただけます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。