FC2ブログ

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.28

盂蘭盆会についてつづる今年何度目かの雑談

「ぺんぐりさんって、
いつもバカなこと(=楽しいこと)ばかりされてますよね」

というメールをいただきました。心外です。

いたいけなるこの私をよく見ていただきたい。
バカなこと(=アホなこと)ばかりしているのは、
ほとんどの場合夫や愚弟や妹や悪友であって、
私ではありません。私は普通に生きているだけです。

私だって人間です。
笑えないことだってたくさんあります。

例えば、死とか、病とか。

今日は少し重たい書き出しになりそうです。



昨年末に祖母に先立たれた祖父ですが、
この夏、その祖父に肺ガンが見つかりました。

私は母からこの事実を聞かされたのですが、
力が抜けて胸が締め付けられるこの感覚は
数年前に父に大腸ガンの疑いがあり、
精密検査をすると宣告された時の衝撃とよく似ています。


祖父は何度かの検査を経て、
三週間の入院、手術をすることになりました。
「病院は慣れてるさかい、一人で大丈夫らよー」
気丈に振る舞う祖父ですが、
祖母が居なくなってからは初めての入院です。
当然、心配もするわけで、
手術当日は親族一同が駆けつけました。

半日に亘る手術の後、執刀医さんから
「特に近しい身内の方にご説明したいことが…」
声を掛けられました。
母、私、妹は別室に誘導され、
まだ手術衣を着たままの先生と対面します。


切った部位の説明、生体そのもの、レントゲン写真。
生々しい内容が続きます。
専門的なことはよくわかりませんが、
大方手術はうまくいったようでした。

そう、手術自体はうまくいったんです。

だから、

「転移の可能性が高い、否定できない」

という意味のことを言われた時は、
すぐに納得もできず、
私は何度も先生に聞き直しました。


事実は事実です。受け入れるしかない。
母も隣で難しい顔をしています。

説明室を出てから母と二人話し合いましたが、
「ようやく大きな手術が終わったばかりのじいさんに、
この事実は重過ぎる。時間を追ってゆっくり説明しよう」

という結論に達したのは、間違いではなかったと思うんです。

祖父が麻酔から覚めるまでの一時間に、
私たちは親族みんなに現状を説明しました。

基本、お酒があればいつも幸せなノータリン血族ですが、
さすがに今回ばかりは皆神妙な面持ちです。
この日はどうしても来られなかった、
実子の父と叔父にもすぐ電話しましたが、
二人ともどのように祖父に伝えようか考えあぐねているようでした。


一時間経って、
個室に祖父が戻ってきました。
移動ベッドに固定され、
肺や口や鼻にはたくさんのチューブがつながっている痛々しい姿です。
麻酔がちょうど覚めたばかりらしく、
うっすらと瞬きを繰り返しています。

と、そこにそっと執刀医さんが祖父に近寄りました。

先生「おじいちゃんおじいちゃん、




   あのね、転移してるわ
告知はや!そして直球!

あまりに剛速球過ぎて、さすがに全員爆笑しました(含祖父)。
そういえば、父の大腸ガン検診の結果は切れ痔だったこともご報告しておきます。

ついでにもう一つ、
その転移ガンも何故かその後はどこかに消えてしまい、
いつも通りの定期検査を続けながら、
またどこかに出てきたらそん時切っちゃろうという
極めてアバウトな解決法に至ったということも、
ご報告させていただきます。



今日のお話は、そんな祖父を筆頭とした、
そうそう死ぬ気のしない人々が、
あっちの世界のお客様をお迎えしたこの夏のお盆について、
ちょっと呟いてみましょうか。


魔女のいる空
↑和歌山の空は神戸よりもずっと広いような気がした。たぶん、ビルが無いからだ。

この夏は、西の魔女こと我が祖母の新盆にあたります。
お客さん(生きてるほう)も多いだろうから失礼のないように、
ということで、私が手伝い要因として
五日程和歌山入りすることになりました。


―――とはいえ、あまりにも暑いせいか、
そんなに来ないお客さんたち(生きてるほう)。

たまに来ても私はお茶とお菓子出してニコニコしてるだけなんで、
基本、やってることと言えば祖父と並んで高校野球観戦です。

(地デジ難民)「ここは良いなあ、テレビがあって」

ジジイ「えっ、お前んちテレビあらへんのかいな、引くわ

ジジイ、魔女が死んでも毒舌に陰りが見えません。

きっとここに魔女が居れば、
ジジイのおちょくりを鋭い視線で制しつつ、私をかばって
「最近はテレビ無くても全然ええわなあ、
これ見てみぃ、ほれ、ケータイでも十分テレビ見られるもんなあ!」

こちらを援護射撃してくれるだろうことは想像できる、
まさに口調や声のトーンまで全部頭に浮かんでくるのですが、
残念、私の7年モノのケータイにそんな機能はございません。

ジジイ「お前のケータイえらい古いやないか!電話できんのか!?」

とまでこの日は言われました。余計なお世話です。



高校野球といえば、八幡商業 VS 帝京戦は素晴らしかったですね!
あれはリアルタイムでジジイと二人、絶叫観戦してたんですが、
満塁ホームランが入った瞬間、
隣の家からも「ウオー」という雄叫びが聞こえてきました。

そして試合終了後、20分くらいしてから
お客さん(生きてるほう)がやってきて、
「野球見てた?」といきなりその話振ってくるあたり、
なかなかのダバダバ和歌山タイムでございます。


さて夜は私が食事当番。
相変わらず野球(プロ野球)を見ながらのご飯です。

私「未だに私、ホークスのことをダイエーって言ってしまうわ」

ジジイ「ああ、南海のことな


酷い酷いと巷では評判の私の料理の腕ですが、
さすがに四年以上主婦やってるお蔭か、
食べられなくはない程度には成長したように思います。

それでも、料理上手だった魔女には到底及びません。
このお盆に、ばあさんがここに居るならば、
何か一品くらい教えてくれてもいいのにな…なんて、
ムシの良いことを、ふと想います。

魔女も私と同じくらいの年の頃は、
だし一つ取るにも四苦八苦していたのでしょうか。

私「…おばあちゃんてさ、昔から料理上手やったん?」

ジジイ「いや知らんねん」知らんのかい。

ご飯は私の仕事ですが、
寝室の支度はいつも祖父があれこれと世話を焼いてくれます。
布団の上げ下げなんて私がやるから良いよ、と何度言っても、
ここはとして譲りません。ガン手術しただけに!うまくありませんね!

祖父「おいィ、お前の部屋ァもうエアコン入れてるさかい、
   あと線香(蚊取り線香)炊いてな、
   電気消して寝ェよ!」


半年前もありました、こんな絵。
まだまだ寒い二月の最中に、
やっぱり祖父は私の為に寝室を用意してくれたんでした。

あの時はうっかり祖父が窓を開けっぱなしにしてたために、
私はひどい風邪をひいて大変な目に遭ったんでしたっけ。ふふ。






やっぱり今夜も窓開いてるぜ、ジジイ♪

もうこれわざとですよね?
蚊を私でおびき寄せて線香で一網打尽にするつもりですよね?

蚊取り線香と言えば、
あの渦巻先生あれで結構侮れない効果があるようで、
食後のお茶をクソジジイと二人、のんびり飲みながら
居間に線香焚き染めてたら、天井に溜まったケムリで
モスキート野郎が寿命を迎えて落下しました。いい気味です。
で、ヒューポトリと私の湯呑に見事着水しよったんですもうほんっとやめて欲しい静かに綺麗に逝って欲しい!うちの魔女を見習えテメエら。

そんで渋々お茶替えて飲み直してたら今度はジジイが

ジ「お前茶ァばっか飲んで老人みたいやな」黙ってろ老人代表!


そんな感じで二人しか居ないのに
そうは思えぬ大騒ぎで夜が更け、朝が来ます。

朝が来て最初にやって来たのは、
更なる大騒ぎの前兆、暴れん坊将軍というかただの暴君、
ジジイの子、私の父でした。

「おィいトイレやトイレ!脱糞しそうやー!」と絶叫しながら
家に飛び込んできた息子を、
さすがに祖父もクールに見つめていました。


それでも、夜ともなれば、
親子三代で静かにお盆提灯眺めて西の魔女に想いを馳せるのかと思っていたんですがどっこいそんなはずあるわけもなく、
「おィい中華予約したんや中華!行くぞ!」
何故今日?とか何故中華?とか、
そういう諸々の疑問を何一つ解決することもなく、
気が付くと連れてこられた和歌山の中華料理屋さんには、
父の幼馴染との飲み会がセッティングされていました。

「あ、どうも息子がお世話になってます…」
「すんません長女です…」と自己紹介もどこか白々しく、
頼むから父にはもうちょっと、年相応の落ち着きが欲しいところです。

そんで幼馴染のオッサンもこの父の幼馴染ですから
当然どこかネジが緩んでいるというか、

オッサン「今日はぺんぐりちゃんに逢えるって聞いてな、
     このTシャツ着てきてん!」


私「え、どこかのメッセージTシャツとかですか?」

オッサン「これ三日連続でずっと着てんねん!でや!

正直意味がわからない。

つい先々週までジジイが入院していたという話になると、
やはり父たちも健康が気になる御年のようで、
話題は病院に移ります。

オッサン「この間オレ人間ドックちゅうのやってきたんよ!」

父「全身の穴っちゅう穴に管通して検査すんねんぞアレ!」

オッサン「尿道がな!」 父「なっ!」
で、二人して私を見るわけですが私は無視。

オッサン「後ろのアレはオレ余裕よ!」

父「アホかあんなもん痛いわけあるかいどう見てもご褒美やないか!

オッサン「オレなんか女医さんやったぞ!」

父「んでその後尿道やねんな!」 オッサン「なっ!」

そして二人して私を見るわけです。なんだこのお盆。おばあちゃん私を助けて。

もちろん父も祖父もお酒はしこたま入ってますから、
ハンドルキーパーは私です。ああだから連れてこられたんだなとこの時初めて納得しました。

助手席にジジイ、私の後ろに父を乗せ、
交通量は少ないとはいえ久々の運転に若干緊張しつつも
しっかりとハンドルを握ると、
父(泥酔)が私にまさかのチョークスリーパー。

私「ちょおおおおおおおおおおおおおいい加減にして!!
  じいさんちょっと何か言ってよ!!」

必死にジジイを呼んだらジジイはジジイでいつの間に持ち出したのか手には魔女の形見の数珠持ってるんです数珠は良いから!今は数珠よりチョークスリーパーだから!!!

で翌朝になってみたら二人とも何にも覚えてないとかねばあちゃん私もそっち逝った方が良い?そっちは穏やかな世界って本当???





現実は病もうが死のうが穏やかとは程遠く、
いつもかようにカオスとカタストロフィに溢れています。
残念ながら飽きません。
まだまだ揉まれてみるかと思ってしまいます。

今日は文字ばかりで画像のほとんど無い更新になりましたが、
だって、お盆ですもの。
見えないものを、信じたかったから。


とでも言えば、和歌山に持っていってたカメラの電池が
数枚撮ったらすぐ切れた
なんてことはバレないと思うんです。
それもまたカオス。

明日というか今日というかあと四時間で出発っていう時に、
なんで父が脱糞しそうだったという話を書いてるのか、
それもまたカタストロフ。


そういうわけで、明日つか今日つかあと六時間もすれば、
七か月ぶりの上賀茂手づくり市にて出店でございます。
今回のブースは124番、駐輪場に続く木立の中で、
寝不足のカオスとカタストロフが、あなたをお待ちしております。




…寝過ごしたらごめんなさい。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント一覧

こんにちは!(^ヮ^)

祖父さん、とりあえずはよかったですね。
僕も80までは生きたいなと考えていて大事なのは、どう生きていくのか、そろそろ定年後の生き方をマジメに考えなければならない年ですw

そして人間ドック…本当にイヤ(受けたことないけど。
後ろのアレは美人の女医さんといえども許したくないなぁ~w
尿道?ゾッとしました。。(◎_◎;)

お久しぶりです。

おじい様の容体、ひとまず大丈夫そうでなによりです。

当方の母方の祖父(91)ですが、この夏高熱で病院に運ばれさすがに親戚一同色々と覚悟しました。
が、2週間であっさり退院。
イマドキの高齢者の生命力たるや、若輩者には及びもつかないものがありそうですね。


ところで地デジTV、特需が終わって値崩れ状態とのこと。
(さっきYahooニュースのトップに出てた。)
何気に今くらいが丁度よい買い時かも。

コメントありがとうございます!

あっつい…。
汗まみれで寝て起きると
3割5分くらいの確率で足が攣ります。歳ですかそうですか…。


>SHINOサマ

ジジイはもう少しおとなしくなっても良いと思うんだ…。
祖父が60前の頃から記憶はありますが、
でも全然老けた気がしません。
どうぞそんなに悪ガキな80を目指すことは、
お控えなさいませ…。
せめて高田純次みたいに笑って許せるクラスで。

父とオッサンは痛覚<女医さんの健全というかただのアホなので、
そこも一緒にしてはダメですよ!
というかアホなのは全部私の親類ですね…。
私もいくらイケメンのお医者さんでも後ろのアレは(自主規制)



>むもいサマ

ポケドル&酒にコメント入れよう入れようと
思い続けて早2週間、ボトルが空いたらください!!!
いやでもここは酒もしっかりクールに味わってだな…。
ペ党の同志としては、外せないところです。

おじいさまはその後お変わりないですか?
あの、別に不穏な心配を煽ってるわけではないんですけど、
うちの遠い親戚も、この夏の暑さで病院行って点滴打って
すぐ退院して、すっかり安心してたら
その翌々日に亡くなりました…。
本当に夏の暑さは堪えますからね、
もちろんむもいさんもそうですけど、
皆々様どうぞお大事にしてくださいませ。

「まだ地デジ対応してない」って言ったら
テレビマンのリリーさんに
「無いわ!ホント無いわ!有り得ないわ!」と
散々侮辱されました。
アナログ終了1週間前に慌ててヨドバシ行ったくせに…!

素朴な疑問

今回も途中からゲラゲラ笑いながら
ぺんぐりワールドを楽しませていただきました。

素朴な疑問なのですが
何故この記事のカテゴリが「LOHAS」・・・?

素朴な疑問2

>nicoさま

そもそも素朴に「LOHAS」ってなんだろうって思うんですよね…。

というわけで分類しようもないやつは全部LOHASに放り込んでます。
ちなみに次回もLOHASカテゴリなんだぜ!
ホントにLOHASってなんでしょうね!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://penguri.blog94.fc2.com/tb.php/237-e67067f4

秘密のビデオとスペシャルドリンクを使った痔の完全克服プログラム

あなたのイボ痔と切れ痔を医師や医薬品に一切頼らずに15日以内に完治させることが可能です。

▲TOP

 | HOME | 

お知らせ
明日、9月23日(日)の上賀茂手づくり市に出店いたします。ブース番号は141番です。お待ちしております!
書いてるひと
三十路…。

ぺんぐり

Author:ぺんぐり
遊ぶことが好きです。
食べることが好きです。
ペンギン命です。

最新記事
里親さん募集してます
最新コメント
ブログの中身
月別アーカイブ
いらはいませ。
リンク
おたよりください
メールアドレスは
penguri☆hotmail.co.jp
です。
(☆を@に変えてください)
メールフォームもご利用いただけます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。