FC2ブログ

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.22

ひじりもじりで夏の陣

『せがれいじり』



―――という言葉をご存じでsハイそこで視線をご自身の下腹部に移された方ざんねん!!

『せがれいじり』
これ、ゲームのタイトルなんです。
すごい名前ですよね『せがれいじり』

せがれって言ったらアレでしょ、ムスコでしょ?
いじられるムスコって言ったらアァタ、
その、 ム ス コ さ ん …なわけでしょう??
もちろん私も夫きういの愚息を思い浮べたタチなんで、
余所様をとやかく言えません。

実際のところせがれって誰だよもしくは何だよと、
探求心旺盛な私としてはそこはやっぱり白黒付けとかなイカンと思いまして、
例によってググってきました。

せがれ:息子のこと。

類語:こども・男子・男の子・愛息・二世・令息・子息・ 御曹司・若様・「若!」
   ジュニア・長男・次男・ひとり息子・(~の)跡継ぎ・ドラ息子・愚息・ 豚児


あーなるほど。
やっぱり息子、ご子息ですわね。
どこを探してもチの字はありません。
類語に「ドラ息子」があったり、
若様は良いとして「若!」などとどこかの執事が混ざっていたりと
普通にこのオンライン辞書にはいろいろと言いたいことがありますが、
それにしても息子の類語に豚児ってあるの??
と書いて息子なの?
全国の息子たちは怒って良いんじゃないの?


そんなせがれいじり、
実はどんなゲームなのか全く知らないんです。
タイトルだけで判断するなら
当然二次元のおねーちゃんたちのタワワでアラワな詰め合せですけど、
天下のエニックス様(つか制作エニックスですよ?
ドラクエで培ったノウハウをどう生かしてこうなった)が
まさかの18禁タイトルを発売するとも思えませんし、
しかし確認しようと思っても、
古いゲームなのでどこ探しても置いてないんです。

じゃあamazonで注文してみるっぺれというと、
うっかりうちの豚児きういに見つかりでもしたら「あらら姫さま要求不満ですか?更年期ですか?みたいな対応されても腹立ちますし、
職場の男性陣、年下の男の子たちは
わりとゲームやってるらしいので聞いてみる手はありますけれども、
それにしても『せがれいじり』ですからね。
聞くほうも素面では聞けないというか
やっぱり軽く半笑いはしてしまいそうで、

「ドゥフフ『せがれいじり』、持ってる…?」

これ年上の主婦が聞いてくるとか間違いなくセクハラですよね。訴えられますよね。

そうそうセクハラと言えばこの間初痴漢に遭ったんですけどそれが聞いてくださいよって今日はそんな話をしようと思ったんじゃなかったせがれいじりでしたねってイヤホントはせがれいじりでもなくて、今日はひじりもじりのお話です。

ひじりもじり
↑ひじりもじりでせがれいじり



改めましてこんにちは、
シモネタを挟まないと本題に進めない山界のアイドル☆ぺんぐりです。
アイドルはうんこしないと信じてるピュアハートはこのブログには死んでも触れないはずなので、シモだろうとうんこだろうと問題はありません。

今日はこの夏、元気に登山のお話でございます。

毎年恒例ペンギン登山会、
例によってメンバー編成はこちら、

ヤス&イャン再び
↑この絵もどっかで見たな

悪友ヤス愚弟イャンクックに私の三人です。
「いわゆる三バカですね♪」とわざわざメールで言っておられた方が居るんですけど後で屋上来い

ペンギン登山会の頭脳・シェフ・体力担当の夫きうい
今回も仕事で欠席です。
つか彼は一人でも行けますからね。
三バカは三人集まっても無難に登れやしません。

行き先は南アルプスの聖岳(ひじりだけ)です。
日本最南端の3000m峰として
南アルプスのオシリをひっそりと、
しかしがっちりと固めるディフェンス重視の百名山ですが、
何がしんどいってこの山、とにかく入山口が遠い!

行き方をいろいろ調べたんですが、
バスも電車も最後はタクシーで往復三万円かかっちゃう僻地なので、
いっそレンタカーで全部突っ切ろうぜ!と
最年少のイャンクックに全行程をドライブさせて、
マチュピチュみたいな谷間と集落の間をすり抜け
ようやく初日の夕方に入山口の聖光駐車場に到着しました。
今日はここで寝て、明日の朝一番に登り始めます。

お待ちしてましたわん
「お疲れ様ですワン」

妙に嬉しそうな顔したドギーが我々を出迎えてくれました。
初めて会う人間に怯えも驚きもせず、
勢いよくしっぽを振り回しながら足元にじゃれついてきます。
私はイヌネコなら当然ネコ派ですけど正直この子は可愛い
うん良いじゃないのイヌも全然可愛いじゃないの!

こっちですわん
↑しかもこの子が誘導してサイト場まで連れて行ってくれるんですよ、ケンケン(賢犬)ですよ!

このワンコ、ハチくんは生後半年の青二才少年だそうです。
ここの管理人さんのパートナーとして、
この聖光小屋一帯を歩き回っているんだそうな。

山深い場所ですから、獣は多数出没します。
鹿・猪・猿といったザコどもはもちろん、
本土のラスボス・ツキノワクマだって、
ここではエンカウント率急上昇です。

しかし我らがハチくん、
なんと柴犬と甲斐犬のミックスという、
純和風サラブレッド狩猟犬!いわば犬界のラストサムライ!
ミックスは血統書が無いからダメだと?
だったらハイブリッドとでも言い換えようか!
襟付きシャツ着て耳にはリボン、
趣味は日に三度のブラッシングとほざくダックスプンティなんぞと比べてもらっては困ります!

小屋番さん「お時間あったらこの子とも遊んでやってくださいな。
      だけど、食べ物はあげないでくださいね、
      私に似て意地汚いモンで、何でも食っちゃいますんで」


私「はーい」 ヤス「わかりましたー」 イャン「はい」

小屋番さん「私に似て意地汚いモンでね」

私「はーい」 ヤス「わかりましたー」 イャン「はい」

この日の夕飯はヤス担当です。
ここのところエスニックに凝っているとのたまう彼女が用意したのは

地獄鍋
 
   ………?

妙に赤くて辛い鍋でした。
テントの中で火にかけると目がシバシバしました。

食材を切っている傍で大はしゃぎしていたハチも、
真っ赤な鍋底を見て静かに去っていきました。

ハチもびっくり
「それは食べられないワン」

ついでにしきりに『意地汚いアピール』していた小屋番さんも、
一言も食べたいといった類の発言はありませんでした。

男前ヤス
↑こういうのは作った人の責任で一気食い



翌朝は早く起きて明け方までには出発!
…と三人息巻いていたんですが、
隣のパーティが二時に起きて大騒ぎしてから出発していったので、
仲間想いの名リーダーぺんぐりは、
みんなをゆっくり寝かせてあげようとこっそりアラームをオフにして、
二人が慌てて起きてきた頃にはとっくに朝日は昇りきっていました。

ヤス「…目覚まし、意味あるんすか?」

私「少なくとも私には無い」

イャン「…」 ←毎度のことなのでもう何も言わない

朝食は私が用意した激辛ラーメンだったんですが、
昨夜のヤス鍋なぞ屁でもない(あら失礼♪)、
まるで躊躇の無い殺人的な辛さにヤスとイャンは早々にギブアップし、
私が責任をとって1.8人前くらいを啜りこむ羽目になりました。
良い子のみんな!
カ○ディの『トム○ンクンヌードル』には注意が必要だぞ!!


辛いは正義
↑…いやでも美味しいんだよねコレが。それ以上に辛いのが問題なんだけど。


寝坊した挙句にのん気にラーメンなぞ啜って余裕かましていたら、
平成サムライ犬ハチが我々の重いケツをぶっ叩きにやってきましたよ。

パッキングサボると怒る ヤス、入山前に全力疾走
「早くパッキングしろワン」              「準備運動だワン」

ハチに急かされウォーミングアップもばっちり完了、
さあてとうとう夏山合宿、スタートです!!

ハチどこ見てんのよ
↑ハチと一緒に入山写真!


私たち登山者が、
いざ入山だ標高差ウンmだと気合を入れたところで、
ここで生まれ育ったハチにとっては、入山も何も、
この辺り一円、全て庭みたいなものなのでしょう。

勝手知ったる自分の庭を、
彼は我々の前になり後になりしながら、
跳ぶように駆けていきます。

私たちの歩行は遅いです。
60ℓのザックに衣食住一式全部詰まっているから、
まるでスピードは亀のよう。
ハチがたまにじれたように鼻を鳴らします。


山を歩くとき、私は思います。
何も持たずに、何にも縛られずに、
ハチのように、風のように、
この大地を往けたらどんなに素晴らしいだろうかと。

喉が渇けば沢の水で喉を潤し、
突拍子も無いカラーリングの芋虫に狼狽する。

その無邪気で自由な動きに、私は憧れ、
でも人であるが故に届かないものなのだと知り、
切なくもなります。

ハチの誘導は楽しいが、切ない
「こっちへおいでワン」

うん、行くよ。すぐに行く。
でも私には、きみは永遠に手が届かないんだ。

ハチが私を送る視線は、しかしとても優しくて近しい、
まるで親友に向けるそれでした。

  壁を作っているのは、きみのほうだワン。

そんな声が聞こえたように思ったのは、気のせい?
ふふ、私も沢に口つけて、
思い切り水でも飲んでみようかな。

何度目かのハチの猛ダッシュに一人笑い、
その少し先で無言で呆然と立ちすくんでいたヤスとイャンに合流しました。何この只ならぬ空気。

私「どうした……、!!!

道の脇。
無残に掘り返された泥の穴。

…詳しくは申し上げません、
それを不潔だ畜生だと蔑むことは、私たちにはできないのです。

入山口の方へと走り抜けていったハチは、
それから姿を見ることはありませんでした。
彼としても、見られたくなかった性癖なのかもしれません。


私たちは無言で先を進みました。
しばらく経ってから、最初に口を開いたのは
種族違えど同じ男性である、イャンクックでした。

イャン「スカトr「言うな!」「それ以上絶対に言うな!!」

イャン「私に似て意地汚いモ「ヒイイイイイイイ」「ギャアアアア」


ラストサムライはスカトロサムライでしたということを
言いたいが為だけにこれだけの行数を使っちゃいました。
でも入山写真のハチの位置、あれ私のこと狙ってますよね?
もっと詳しく言うと私の後ろの門、狙ってますよね?

ハチどこ見てんのよ
↑見え方、変わらね?

そういう下界ではとてもできない下品なバカ話ばかりしながら、
3000m級の急登に喰らいついていきます。

普通にしんどい
↑これが無ければ登山は楽しいけれど、これが無ければこの運動を何と呼ぶのかわからない


この日は聖岳山頂から一番近い(と言っても片道三時間)、
聖平小屋までの行程です。
湧いてきた濃いガスを掻き分けるようにして到着したのは
本日のメインディッシュ、聖平!
標高2000m越えの高所に広がる、
高山植物の大平原は圧巻です。

良い大平原
↑真っ直ぐに伸びる木道がまた素晴らしい

イェッハー!
↑テンションも上がるってなもんさ!


そしてようやく聖平小屋、
南アルプス特有の森深いサイト場は、
水も豊富で言うことありません。
テントを張ったらさっさと登山靴を脱ぎ捨てて、
湧き水沸かしてスープとか飲んじゃう我々、ガチ☆オサレ


ドメスティックテント ヤスマグ
↑テントの裏にヤスのタイツ干してるマイホーム    ↑ヤス専用マグカップ

私とヤスとイャンクックは、
それぞれ違う大学のワンダーフォーゲル部出身です。
なので食事の文化も違っておりまして、
この日夕食を担当したイャンは「鶏せせりと白ネギのわさびポン酢和え」などという女二人が本気でコメントに窮する一品を出してきまして、ホント空気の読めない男は困ります。

明日の夕飯、ヤスの地獄鍋に続いて私も得体の知れないエスニックカレー買ってきちゃったなんて今更言えない。

兄譲りか?
↑女二人の無能っぷりが際立つ一品となっております


私「ヘドラン(ヘッドランプ)のことなんて言う?」
ヤス「カイデン!」  ←懐中電灯の略
イャン「リヒト…」  ←ドイツ語で光の意  「うわあ」「うわあ」

私「ブキ(箸、スプーンのこと)はなんて言う?」
イャン「いや、普通に箸でいんじゃね?」
ヤス「ガンダム!」  ←説明不能  「うわあ」「うわあ」

文化の違いに戸惑いながらも、
我々ももう三十路近い大人ですから決して歩み寄ることはなく、
お互い罵倒し合って夜は更けていきました。



翌朝はしっかり晴れて、
背中にはオヤツと紅茶とカメラを入れて、
とうとう目指すは聖岳!

これぞ南ア
↑大きくて広々として、南アルプス然としたお姿が凛々しいぜ!

この時期にしては雲が湧くのが早く、
天気はちょっと崩れそうな気配がありましたが、
濡れなければどうということはないので先を急ぎます。

光射す方へ ちいちゃんディスってないよ!
↑道を歩くことが目的の旅もあるのだ         ↑と言いつつ遊ぶのだ

とにかく山一つ一つがデカイという印象の南アルプス、
ここもその例に漏れず、あれだけ大きく間近に見えた聖岳も
なかなか近付いてはきません。
ヤスは高山病の症状を顔面蒼白で訴えますが、
なだめてどついて先を急ぎます。

ヤス「私ゴツいせいであんまり心配されないんスけど、
   これで結構打たれ弱いんスよ!心配してくださいよ!」


私「おk」  イャン「おk」

密かにバックに富士山
↑最後は富士をバックに無言で歩を進めるヤス

28歳未婚女子ヤス、
昨年よりも一回り男前になりました。


ゲロ吐きそうになりながらもペースを落とさない
ヤスの火事場力+2のお陰で、
聖岳には午前中のいい時間に到着でございます。

ゲロヤスに休む時間も与えずに、
さっさとピーク写真撮るぞゴルァ!

三バカ
↑元気じゃん。

精一杯の山ガールごっこ イナバウッアー!
↑『月刊ランドネ』2100年8月号掲載          ↑『月刊荒川静香』2222年8月号掲載


南アルプス、というとどのあたりかよくわからない方もおられるかもしれませんが、
社会でお勉強する時には『赤石山脈』という名前で呼ばれることが多いです。
ここ聖岳からは、その名を冠する名峰赤石岳を一望できます。

ちなみに『赤石』と書いてそのまま『あかいし』と読みます。
『あかし』じゃないですよ。

あかしせんぱああああい
↑銃刀法違反の二号生筆頭・赤石先輩

先輩ごっつぁんです!
↑南アルプス南部の肉体派筆頭・赤石先輩

赤石先輩こと赤石岳は、
聖岳正面にドズンとでっかく構えておられます。
名前こそ赤石、レッドストーンなどという
明治農民の戸籍制度みたいな命名してるくせに、
もうこの山とにっかく大きくて、
目の前なのにとてつもなく遠い山です。デカ石岳とかで良いのに。
私たちのペースではここからまだ丸二日かかります。
南アの盟主、恐るべし。

ピークで昼寝
↑ま、もちろん今年は登らないんですけど。

雲が先程からかなり早いペースで上がってきています。
既に私たちの心はここにありません。
聖岳と赤石先輩に別れを告げ、
一刻も早くテントに戻り、
ビールとヤキソバと昼寝という極楽大三元を極めねばなりません。


ペレッと戻ってきたサイト場にて、
ご存知の方も多いでしょうが私は下戸なので、
「あんたは一口だけ飲んだらええんです!」
恫喝してくるヤスとイャンからスーパードライを強奪した私は、
自力で!たった一人で!
一缶飲み干しました!
地球のみんな、応援ありがとう!!
そして当然泥酔していたのでエスニックカレー用のナンプラーのフタが壊れて新品ザックが大変なことになったことも、キャッキャウフフと素敵に笑って忘れることができました!アルコールのみんな、泥酔ありがとう!!

泥酔ついでに鼻唄歌いながら、ヤスと整理体操中↓

いーち!
♪身の程知らずの

にー!
♪ぺんぐりちゃん

さーん!
♪このごろなんだか変よ~

この運動は何だー!!!
♪どうしたのっか~な~?



翌日、四日目の朝は駐車場まで下りるだけです。

昨日のうちの一気に下山するというプランもあります。
ほとんどの登山者、特に山小屋に宿泊している人は
間違い無くそういう計画を立てるでしょう。

最後の一泊は、だから無駄とも言えるかもしれない、余分な一泊です。

でも私は無駄だとは思わない、余分だとは思わない。

一日も長くこの光溢れる世界に留まることが、
即ちここに来る目的でもあるのですから。
結局、ピークなんて飾りです。
忙しい人には、それがわからないのです。
私は、そうはなりたくない。

山がくれるは元気玉
↑聖岳、今年も素晴らしい夏をありがとう。



だから、長い長い道をほぼ下りきって、
あと30分で下山だワーイ!というタイミングになって、
下から登ってきたばかりの登山者さんに

「下の道、今朝未明の土砂崩れで通行止めですよ

「僕ら、林道10km歩いてきて、今入山したばかりなんですよ」

などと言われても、
やっぱ早く下りれば良かった…なんて、オオオ思わないんだからね!



私「やっぱ早く下りれば良かった!」

ヤス「アンタ泥酔してたじゃん」

イャン「今後、ビール禁止な」「イヤアア」


ハオーショーコーケンを使わざるを得ない 焦ってもしゃーあんめえ
↑じゃあ遊ぶしかないわなってことで、川で遊びまくるピーターパンたち(アラサー)

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

コメント一覧

ヨゴレチマッタ カナシミニ♪

明石先輩かっこいい(^^)

せがれいじり 結局どんなゲームなのか
超気になります。

せがれいじり

息子(本物の現在二十歳)がやってました
矢印と牛とあとなんだっけ…坂?
脱力してげらげら笑ってみた記憶があります
確かにいじってたような…

すみません前回うっかりしてしまって
まったく秘密にする必要なかったです 申し訳ないです
どんどんさらしちゃってください

それにしても充実のアラサーライフ 見事です

あー、よくせがれいじってたわ

なついな。せがれいじり。PSだっけ?
20代の頃に買って毎日せがれいじってたよ。
ただ途中で飽きていじらなくなったような・・・昔過ぎて覚えてねー。

しかしハチかわえぇ!なん?その耳。
上向いたら立ち耳って隠しオプション卑怯なり。
タレ耳って重力で立ちよるんね。知らんかったわ。

ところで山ごはんに辛いものって、おなか下しても大丈夫なん?
出したくなったら穴掘って・・・あれ?ハチと一緒だね。ウフ☆

あこがれの登山

前半、「チの字」で笑いました。
みなさまワンダーフォーゲル部(なんだか響きがとってもカッコイイ!)出身でいらしたのですね。
一般人でも記事の内容のような登山ができるのかと思っていました。危ない危ない。
最近見たテレビで「いつかやってみたいことランキング」でも登山は表彰台圏内になっていましたよね。
いつか訪れる初登山の日のために、トレーニングでもしてみようかなぁ……。
なんかこちらの近場では高尾山というのが初心者にお薦めらしいんですよ。

山登ってますね~。すげぇな。

僕は運動不足過ぎて出張行くだけで筋肉痛に。
(ドンダケヒヨワヤネンw

モデサミ2~東京出張に向けてフィットネスバイクでトレーニングしてます。室内ってのが軟弱w

ボクはやみあがり

せがれいじり・・・セガのゲームじゃなくスクエニでしたか
イヤ、マジでSEGA AGESと勘違いw
せがれいじりとせがえいじすってなんか似てね?
何言ってんだろね?

すっかり寒くなってるのに夏の思い出♪
凄くキレイな川ですね~行ってるじゃないですか~

ヘタレなボクは山に登る気力も体力もありゃせんので
川辺でダラダラバーベキューですよw

川キャンプでもトイレは困った問題で男子供はそこら辺でしますけどね
川ん中でもうモリモリっと・・・聞いてない?
山でオナカ痛くなったら大変ですよね
流石に高地では成人女子と言えども容赦なっしんぐ?

ボクは会社でオナカ痛くなっても大変でしたけどね?
盲腸ぇ・・・・orz

関係ないけど・・・

お久しぶりですw
毎回見てて思うのですが、登山できる体力欲しい・・・
同じペンギン好きでこうも違うのか(笑)
個人的事情ですが10月末の屋久島延期に若干ほっとしている、イヌ派な私です。
今月は上賀茂出店してたんですね。
9月は参加したものの、今月はうどん県にてうどん巡りしておりました。
それはさておき、アドベンチャー的なワールドHP、最近見ておりますか??

コメントありがとうございます!

ここのところ毎晩コメント書いてるんですが、
書いても書いても弾かれるのでちょっと形式を変えてみました。
お返事遅くなって大変申し訳ございません。



>**tuna**サマ

ふぅ…また「*」で1分探しちまったぜ…。

明石じゃなくて赤石ね!
明石じゃ先輩というよりもタコですからね!
明石のタコを使った卵焼き(要はタコヤキ)は、
最早芸術の域に達していると私は思うんですが、
B級グルメのB-1グランプリに兵庫代表として出品されています。BじゃねえよAだよ!
と私は申し上げたい。

コメントありがとうございます!

>しずきサマ

矢印と牛と…坂?
すみません何を仰られてるのかイマイチよくわからないんですが…。
でも本当にそういうゲームらしいですね、
ウィキだけ見たんですが、本当に矢印と牛とせがれの世界。
それでげらげら笑えるんだから、
さすがのエニクスさんやで!といったところでしょうか(ドラクエ派です)。

御大の許可もいただきましたので、
ここで堂々と我らの蜜月宣言ですね!
どうぞ今後ともイチャイチャさせてください!
よろしくお願いします!

ちなみにこそっとお伝えしときます!

三十路まで 一 ヶ 月 切りました

コメントありがとうございます!


>まぐろサマ

意外とプレイヤー多いのな!
みんな喜んでいじってるのな!!
夫はもちろん三十代もエエ歳ですが、
毎日いじってもまだ飽きてる様子は無さそうですよ?
そのあたり、女心と秋の空と言ったところでしょうかウフフ☆

ハチかわええでしょ!マジかわええでしょ!!
つか今回の記事、半分ハチの話ですからね!
ピークの写真よりハチの写真の方が多いですからね!
ちなみにこれでもかなり削り込みました。
ハチ愛してる。マジ愛してる。

そうそう、山に辛いモン持ってたらダメですよ。
お腹こわしたらエライことになるんで。
山道具屋には人様用のスコップがあるんだぜ!




ついでに。
順番にコメントお一人ずつ書いてたら、
このまぐろさん宛てのコメントで弾かれました…。

憧れライフル


>ハンドライフルのマコサマ

チの字、「チビスケ」のチかもしれませんよ!(言い逃れ)

ワンダーフォーゲルとは、渡り鳥という意味です。
と、部報に書いてあったので間違いありません。
しかし私たちは迷鳥のような気もします。

高尾山といえば山ガールの集う聖地ですよね!
ホントはそういう所に行きたいのですが、
今更装備を新調するのにもお金がかかるので
人気の無い山をチョイスしています。言わせないで…。

だから、登山なんてカネさえあれば誰でもできます!!!

絶対、競技始めるのにもライセンス&毎年更新が必要な
ライフルの方が10000000倍大変です。私は是非そっちにトライしたい!

今更ジョーバ欲しい


>SHINOサマ

うおーマジかーー!

と、コメント見てからまずSHINOさんのブログで確認してから
こっちの返信に戻る私は意外と慎重でしょう??

やったああ!アーンド、やっぱり!!
ヒーローは遅れて来るってやつですよね、
あ、でも早めに来てお仕事でしたね。

しかし、もしかしたら私は朝一だけお邪魔して、
次はランチ後の参加かもわかりません…。
少しだけでもご挨拶できること、お祈りしております!

しりあがりことぶき


>ショートベルサマ

ファンタジーゾーンをPS2でできる時代が来るとは思わなかったですよね…(せがえいじす)。
あ、でも私が一番買って良かったと思ってるのはダイナマイト刑事ですけどね!今日も事件だ!ダイナマイトッデ~カ~!

綺麗な川でしょ!これ3000mの高地から流れてきてるから、
飛び込むと心臓止まる程度には冷たいんだぜ…?
というわけで三人とも爪先だけ浸してギャーギャー言ってます。
ちなみに私はこの時ヒルに吸い付かれて、
しばらく流血が止まらない憂き目に遭いました…。

…え?あ?トイレ?
大地に制限なぞございません!
私も、そしてあなたも大地の子なのです!
自らの分身が地に還ることに、何の抵抗がありましょうや!


そして!

退院おめでとうございます(真顔で)。
入院なうとか笑えないツイッター、ありがとうございました!
無理が祟ったのでは…と思ったけど、
今年は11月に入ることなく完成させてましたもんね、
見事な計画性だったと言わざるを得ませんが、じゃあやっぱり呪い…?

関係ありあり


>ぴょこサマ

ちょっとちょっと!
トビー(イワトビP)は凄まじい崖っぷちをピンピン跳ねてますよ!
我々もそれを見習ってるだけでございます。
…でも皇帝は腹這いで横移動してるだけですね。
屋久島行かれる予定だったんですか!素敵じゃん!
と思ったら延期ですか…。天気良さそうだったのに、残念ですね。
延期となると、そろそろさすがに寒くなるので
防寒着ガッチリ持っていってくださいね!

10月は何とか出店しました!
が、ちょっといろいろ大変だったので、
また近日中にご報告させていただきます。

…超 見 て ま す 。

来たぜ今年もイヤッホウ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます!

>鍵コメントサマ

長いことご無沙汰申し訳ありません!
というか和歌山屋久島どっちも羨まし過ぎるわ!
私もバースデー割引使って行こうかと思ったんですが、その日は普通にバイトだったんで、例のツアーが始まったら速攻申し込もうと思ってます。
ちなみに放送日、その日が私の誕生日でした。バイトでした。
そこはいいんですけど、私、ホラ、地デジ難民なんで…。
うん、あの、見たかったのはやまやまなんですけど、…みなまで言わなくても、良いかな…?

普通にしょこたん見たかったです。
誰か録画してないか聞いてみます!ありがとうございます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://penguri.blog94.fc2.com/tb.php/241-4ed874ab

▲TOP

 | HOME | 

お知らせ
明日、9月23日(日)の上賀茂手づくり市に出店いたします。ブース番号は141番です。お待ちしております!
書いてるひと
三十路…。

ぺんぐり

Author:ぺんぐり
遊ぶことが好きです。
食べることが好きです。
ペンギン命です。

最新記事
里親さん募集してます
最新コメント
ブログの中身
月別アーカイブ
いらはいませ。
リンク
おたよりください
メールアドレスは
penguri☆hotmail.co.jp
です。
(☆を@に変えてください)
メールフォームもご利用いただけます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。