--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.31

レザークラフト、やってみませんか? ステッチ後編

さあ泣いても笑っても、もう年末さすがに歳末誰がどう考えても最後の最後。
誰か真っ白な年賀状65枚を何とかしてくれませんかね失意のぺんぐりですこんにちは。

夫きういに『どうしよう…』とマジダウナー状態で泣きつくも、
「ハガキのおとしだま抽選前に届けばいんじゃね?」という新説を提唱してきました。
というわけで我が家の締切は1月25日(日)となりましたので、
全然余裕で今日もレザーのことだけ考えて日向ぼっこしつつも
真面目にクラフト講座と洒落込みましょう♪

『第六回
縫いさえできればもう離陸間近』


(いや…そういうわけにもいかないよね…
年賀状作らないとね…もうパソコンでサクサク作って良いかな…良いよね…
え?ダメ…ダメなの…?消しゴムハンコで作るの…?
いつ作るの…?あと48時間以内に彫り上げてくれるの…?)


次の出番まであと11年
「もうずっとオレたちで良くね?」

さあ白い悪魔のことなんざ完全放置させていただきまして、
とうとう満を持してのステッチですよ針と糸ですよ!

針の前に、まず糸を確認します。
当ブログの提唱するレザークラフト清貧セットでご紹介した糸は、
既にワックスが塗り込んである革専用のお手軽ステッチ糸でした。

三色は売ってる

値段もお手頃ですし、ワックス塗る手間も無いしと
最初の一歩にはオススメなんですけれども、
太さに種類が無いことと、色が三色しかないことに不満をもつアナタ!
そんなアナタは『好きな糸+自分でワックスを塗る』というコンボで
無限大の可能性をモノにできます。

強度が必要無い部位のステッチ(飾りステッチ等)であれば、
6本取りの刺繍糸やラッピング用のカラフル糸にワックス塗ってやれば、
何の問題も無く作品にインパクトを加えることが可能!

しかし、パーツの縫い付けや本体そのものを構成する部分のステッチならば、
ここは無難に革専用糸を使いましょうそうしましょう。
専用糸ってぇと種類が少なそうなイメージもあるかもしれませんが、
意外と種類は豊富なので、
ほとんどの場合ムリヤリ他分野の糸をひっぱってこなくても事足ります。

革専用糸でもワックスの効いていない糸は結構ありますので、
そういう困ったちゃんは、

ボロボロワックス

このワックスでもって…

ごしごしごし

こうだ!(ワックスをしごくようにして塗りましょう)

一度しっかり塗っても、何度も革をくぐらせているうちに
ワックスが落ちていってモケモケしてしまうので、
糸がバラバラになってしまう前にワックスでしごき直すのをお忘れなく。

ところで今回使う糸は、このスピーディステッチャー専用替え糸

スピーディステッチャー専用替え糸
↑アマゾンにあるかなーと思ったけど無かった。当たり前だ。

スピーディステッチャーというミシン縫いステッチができる道具の替え糸を
手縫いに流用しているのが私たち。
ワックスは塗ってあるし、かなり丈夫な繊維だしと手縫いにもオススメ!
ただ難を挙げるとするならば、
『長い(160mくらい)』ことと『色を選べない』ことですね。
長さはともかく、色については使う革の色と相談した上で選びましょう。
ちなみにお値段は2000エン前後。ヘタすると革より高い…。

さて糸の次は、針です。
革を手縫いする際は、針を二本使います。二刀流ですね。
ところで関係無いんですけど、
現代の剣道において二刀流ってOKなんですってね!
マジすかビックリ!なんですけど関係無いので針を持ってください。

糸の両端に針がつながっている状態を作ります。
糸の長さは縫う長さの2倍~3倍が必要です。
途中でつなぐと糸が太い分目立ちますので、
モッタイナイオバケには黙っていただいて、長めに糸をカットしましょう。

それではやってみましょう!

通せるもんなら通してみよう

まずは針穴に糸を通します。
★や▲が付いている所は、今はスルーしてあげるのが
大人の対応というもの。



②刺して良いんですかマジで!良いんですマジで

いきなり布と大違いのポイント!
針を見てください。
写真の左側が針先で、右側が針穴です。
ついさっき針穴に通した糸を、針の先端に刺してしまいます。
糸が針に割られているのがわかります?
ナンジャコリャアアと不思議がりたい気持ちもわかりますが、
とりあえず刺します。



③もういっちょザックリ

アレ?★と▲の色変わってない?とか言わずにそこもスルーしてあげる!
同様に、もう一箇所刺しましょう。
クネクネと二箇所刺して、アルファロメオの右半分みたいになればOKです。



④たぐっていく

アルファロメオを針穴の方に向かってしごいていきます。



⑤もっとたぐる

うわあそんなに奥までしごいたらからまっちゃうよ大変だようこれでいいんです



⑥それでいいのだ

針穴すらしごいてスルーさせると、
写真のように糸がグルグルととぐろを巻きます。
気にせずどんどんしごいて糸を平らにならしましょう。



⑦きれいにしごいてできあがり

やーったやったやったで・き・た♪

これで糸と針がつながりました。
もう一方の糸端にも同様に針を仕込んでヌンチャクみたいな状態にしたら、
とうとう縫い始めです。

とりあえず通す 一番端の穴に針を通しましょう。
 この写真は他の革がはさまっていて
 少々わかりにくいですが、
 とりあえず通すのは一番端でOKです。
 極端に負荷のかかるポイントでは、
 返し縫いをした方が良いでしょう。




次の穴に通す どちらの針でも良いので、
 並縫いの要領で次の穴に針を通します。





どっちも前の穴に進む もう一方の針を、今通した穴に通します。
 つまり、二つ目の穴で糸がクロスした形に
 なります。




両サイド均等に引き締めていく ゆっくりと糸を引き締めます。
 力を込めすぎると革にシワが寄りますぞ!
 徐々に締めていってちょうどいいところで
 ストップしましょう。




はいOK

やーったやったやったで・き・た♪

これで一目縫えました。
この調子でガンガン縫っていきましょう。
縫う際の以下の点に注意するといいんでないかなそうでもないかな。

  ①引き締める力は均等に!
    一目一目縫うたびに引き締めていくわけですが、
    その力がバラバラだと縫い目もデコボコでカッコ悪いことに。
    縫い目を魅せてこその手縫いですから、ここ大事超大事!

  ②糸の上下をよく見よう!
    穴の中で糸がクロスします。
    クロスする時に、どちらの糸を進行方向に出すのかを
    確認しつつ針を穴に通しましょう。
    でないとやはりこれも、縫い目がバラバラになって残念なことに。

  ③モケモケにはワックス補充!
    糸は細い繊維を縒り合わせて作っています。
    何度も何度も穴に通していると、
    縒りがほどけてケバ立ってきてしまいます。
    見た目だけでなく強度も落ちてしまいますので、
    そういうときは迷わずワックスでしごいてやるのです!

さあこのへんに留意しつつ無心でチクチクチクチクっとしていただくと、
やがて栄光のゴール(縫い終わり)が見えてくるはずです。
縫い終わりは割とアナログな止め方です。
二目ほど返し縫いをしたら、二本の糸を結んでしまって、
結び目をボンドで止めましょう。
にしてもボンドて。

さあこれでステッチもできました☆
これで皆さんなんでも作れるなんでもできちゃう♪
講座を勝手に開催した私としましても、
とりあえずおとしだまに間に合って良かったと思います。

そんなわけで、やればできる一行本日の極意は、

『二刀流以外は布と同じ』

皆さんそれでは佳いお年を!

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

コメント一覧

あけましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いしますね!!

明けましておめでとうございます
いつもレザークラフト読んでるんですが
なんて難しそうなっv-12
離陸しそうでしない微妙な低空飛行で
ございますOrz
2009年度もよろしくお願いします

あけおめです

今年もよろしくお願いします。

実は年末にメルらせて頂きました。
ヒマな時にでもご確認下さいませ。

それにしても「アルファロメオの右半分」の意味がなかなか分からなかったわー。
つうか、縫うのが予想以上に難しそう!

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

レザーめっちゃ難しそうですね;;
うちは当分布オンリーでいきます。

本年もよろしくお願いいたします。

明けましたよおめでとうございますですよ

>鈴木さん家サマ

あけましておめでとうございます!
お正月早々、このような駄文尽くしの場に来て頂いて
嬉しいやら申し訳ないやらでございます。
今年はそちらのブログを見習って、
とりあえず台所に立つ練習から始めようと思います…。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

>じゃずべりサマ
あけましておめでとうございますー!
いきなりどうでも良いお話で恐縮ですが、
なんとかハクション大魔王がタイムリリースされないかと悶々としているぺんぐりです。
今年は一度お手合わせさせていただきたいものです。

レザー難しそうに見えちゃいますかねやっぱり!
やってみるとそうでもないんですけれども、
やってみるまでがいろいろ厄介なのがレザーというもの…。
でも必要以上にややこしく見えるのは私の書き方のせいなので、
良ければ是非始めてみてくださいまし♪


>コトリ子サマ
あけおめですよというかもう5日ね!
もう学校も会社も普通に始まってるからね!
こっちから頼んでおきながら、今の今までメールに気付かなかった2009年もウッカリクイーンの私をどうぞ許してくださいまし。
でもメールありがとうですよ!
泣きましたわよ!ウワーン

まったくホント昨年はまったく予想もしないところから、
桜文鳥友の会ぺんぐり支部を設立するハメになってしまって、
まったく今年も小鳥ちゃん共々どんとこいだー!

というかこちらの諸々まとめて
どうぞ今年もまったくよろしくお願いしますですよ!

>ちゃーサマ
あけましておめでとうございますよ~♪
また納品されるのを楽しみにしてます。
やっぱり写真で見るのと実物を見るのとでは感動も違いますもんね!

私は布作品すらまともに作れない困った手作りブロガーなので、
ちょっと悔しいぞキィーー!

というわけでよろしくお願いします~!

「トコノール 使い方」で検索して来ました(笑)
とっても分かりやすくて革工作の参考にさせていただきました。
縫い始めはこの記事でよく分かりましたが、
最後の縫い終わりはどうやって縛るのでしょうか?

ご質問ありがとうございます!

>Q太郎サマ!

バケラッタ!
コメントありがとうございます。
ご質問いただいているのにお返事遅くなりまして申し訳ありません!

さて早速ですが、縫い終わりですね、
まともな革の質問とかいただくと激しく狼狽する革ブログの管理人なので、
説明がヘタだったら申し訳ありません…。

また改めて詳しく画像を上げようとは思っているのですが、
簡単に言うと、

「見えないところ、もしくは見えにくいところで玉結び(一結び)して、
結び玉の真ん中のところにボンドを付けてしっかり馴染ませる。
糸は2~4mmくらい残して切る」


こんな感じみたいです。
伝聞形なのは、お恥ずかしいんですが制作者と筆者が別の人間なもので、
書く方担当は基本的にド素人です…。間違ってたらごめんなさい…。

あと、化繊系の糸によっては
「結んでから焼いて止める」
「結ばずに焼いて止める」

という方法もあるようですが、麻糸の場合は使えないのと、
なんとなく結び玉+ボンドの方が物理的に強そうなので
うちではこの方法を使っているようです。

ボンドが固まり切らないうちに上からしっかり押しつぶしてやると、
結び玉が目立つこともないですし、
周りの革ともしっかり接着してほどけてくることもありません。

あと、場所によっては返し縫いを数目入れています。
というかほぼ返し縫いが入ってます。
「返し縫いだけして特に結んだり焼いたりしない」
という方法もあるようですが、…個人的にはなんだか不安です。


こんな感じで聞いたことのある方法を幾つか上げてみたんですが、
いかがでしょうか?
うちで作っている物は基本的に私がガンガン乱暴に使う用に頑丈さが取り柄なので、
一番強そうな手法を採用していますが、
飾りのステッチでの縫い終わり等でしたら、
もっと簡単な始末でも良いかもしれませんね。

もし何かいい方法がありましたら教えてくださいね!
バケラッタ!

どうも、ありがとうございます。
普通の玉結びでいいんですね。ボンド併用で。
このブログを参考にして革工作に挑戦してみようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://penguri.blog94.fc2.com/tb.php/46-22c28325

▲TOP

 | HOME | 

お知らせ
明日、9月23日(日)の上賀茂手づくり市に出店いたします。ブース番号は141番です。お待ちしております!
書いてるひと
三十路…。

ぺんぐり

Author:ぺんぐり
遊ぶことが好きです。
食べることが好きです。
ペンギン命です。

最新記事
里親さん募集してます
最新コメント
ブログの中身
月別アーカイブ
いらはいませ。
リンク
おたよりください
メールアドレスは
penguri☆hotmail.co.jp
です。
(☆を@に変えてください)
メールフォームもご利用いただけます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。